中山道69次38番上松宿 木曽の桟跡 上町のみ古い町並みが残る

この記事は 約2 分で読めます。

今回記録を残しておくのは中山道69次の38番上松宿。

とくに濃い情報を網羅しているわけではない。参考書籍をたよりにした自分の踏破記録としてブログに残しておく。

自分ちの近くの道が江戸と京都を結んでいるという歴史が面白い。

一度だけ行くのではなく何度も通いながら記事を更新するつもり。

スポンサーリンク

中山道69次の38番上松宿情報

基本情報

引用元:中山道69次を歩く – Amazon

本陣位置

今は歯医者さん

高札場位置

無料駐車場位置

特になさそう。高札場付近に路上駐車した。すみません。

▼ここは有料だが30分以内の利用なら無料という情報がGoogle Mapsで見られた。

写真と簡単な内容

訪問日時

  1. 2022年8月13日 二泊三日の車中泊ドライブの最終日に寄った。初回はあまり下調べをしていないので雑に見たのみ。

写真とコメント

木曽の桟(かけはし)

上松宿木曽の桟

川に沿った崖に道を作るのに当時は木を崖に打ち込んでそこに板を載せて通路を作ったとか。写真の石垣はその最初の頃よりずいぶん時代が下ったもので、その石垣を史跡として残して上に国道を建設している。

十王橋の高札場

上松宿高札場 上松宿高札場

上松宿上町

100m程度であるが古い街が火災での焼失を免れて残っている。

十王橋の高札場からすぐ。

上松宿上町

上松一里塚碑

上町を歩いて京方面へ行くと数百メートルのところにあった。

上松宿一里塚

見損なったが次回行ったら見たい史跡

  • 沓掛一里塚
  • 脇本陣・問屋跡
  • 上松材木役所碑
  • 寝覚の床
    歴史的史跡とは関係ないところで、車で走っていると頻りに大きな標識がありいかにも観光名所ですよって感じだったから敬遠したが、次回はここも寄りたい。

参考にした資料

上記の他にもみどころいろいろ書かれている。

参考にした書籍
 
著者岸本豊氏の運営する中山道69次資料館についての記事はこちら
中山道69次資料館 追分宿すぐそば
中山道69次を巡るのが2021年のマイブームになっている。つまらない感染症が蔓延っているときは郊外をドライブしつつ楽しめる趣味がストレスにならなくて良いかもしれない。 そんな中山道69次について徹底的に調査して資料を集約してくれて...

マイマップ

気になる史跡が青、無料駐車場が黄色P、宿泊施設がオレンジベッド、道の途切れが赤い銃のマークでそれぞれ載せてある。鋭意更新中。

タイトルとURLをコピーしました