出かけるなら間違い無く1人がいいなっていう寂しい結論

この記事は 約2 分で読めます。

flickr
羽田空港へJALの整備場見学に行ったのですが、メンツは嫁と長女とで3人で行ったのです。
やはり複数の人数で行くと自分のやりたいように行動できないので、今回の記事の議題は1人での行動が一番だという寂しい結論に達しました。

Photo:World Traveler By danielfoster437
たしかに連れが誰かいると話し相手に事欠かないという利点はありますが、逆にスマホをチラ見していると非難をされます。

嫁や長女もチラ見どころか暇さえあれば誰かとラインかツムツムをしているくせに、僕がスマホをちょっとでも見ていると非難します。

不条理を感じます。寒気がします。

また、1人ならその場その場の様子をスマホで記録しようとパソコンで記録しようとできますが、連れがいるとそうもいきません。

「何やってんの?」という非難で始まり、このときとばかり普段の生活での粗(あら)をいろいろと指摘されます。

おいおい、それじゃあ俺は人間失格みたいじゃないか。

お前らそんなに完全無欠なのか?と言いたい気持ちをぐっとこらえておきます。自分さえ堪えれば家族は丸く収まるということを20数年の結婚生活で学びました。

まあ家族によって違うかもしれませんが、亭主が堪えていれば平和を保てるという家庭は増えているのではないかと想像します。嫁さんの力が強いから。

そんな力関係を出先にまで持ち出したくないので楽しいところへ出かけるときは1人に限るかなという結論です。

これからも楽しみたかったら1人旅行ですね。
ということでサンライズ瀬戸で一人旅でも計画しましょうかね。

旅の伴侶は現地調達してもいいし(?)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
分類できない話
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)