真夏でもできるだけ常に冷えた水分を飲む方法

この記事は 約3 分で読めます。
Hot Town Summer In The CityHot Town Summer In The City / FaceMePLS

真夏のサイクリングは危険

真夏のサイクリングは命がけです。先日も渋川からたかだか本庄まで走っている間に暑くてクラクラして最後の長い橋「坂東大橋」を炎天下で渡っていて渡りきれるか不安を覚えました。
そんなときのために当然のことながら水筒はいつも携帯して走るようにしています。
ただしいつでも冷たい飲み物を飲めるかどうかが問題です。

水筒の大きさで迷う

うちにも一般用の水筒はいろいろありますが、自転車に乗るからにはあまり大きい水筒は不便です。かといって小さくてスポーティな樹脂性の水筒は見た目にはオシャレですが、機能的にはイマイチ欲しいと思いません。普通のペットボトルに色をつけただけみたいな気がしてしまうのです。
やはり小さくて自転車のボトルケージにしっくり納まり保温性の良い水筒が良いと思います。
しかし小さい水筒では内容量も当然少ないので一気に飲んでしまって終わりでは後の走行でただのお荷物を抱えて走るようなものです。

必要な分だけ冷やす

そこで私は出掛ける直前に小さい水筒に目一杯細かい氷だけを詰め込んで持って出発します。水筒の中には氷だけ入れるのです。飲み物は一緒に500mlのペットボトル入りスポーツドリンク等を持って出ることもありますが、それらは走っている途中でどうせ温(ぬる)くなるので特に冷えたものを持って出ることにこだわりません。

途中途中で喉が渇いたら温いかもしれないペットボトルの飲料を水筒にそのとき飲む分だけ入れて数秒ゆらゆら揺すってから飲むようにしています。これなら水筒の氷は一気にダメージを受けて溶けないし、飲む飲料は冷たい状態で飲めます。今すぐ飲む必要の無い分は冷やさないということです。

今流行の自動販売機みたいでしょ。最新の自動販売機は中の飲み物全部冷やしているのではなく次に出そうな数本だけ冷やしていると聞きます。それと同じ理屈です。このやり方であれば日帰りなら帰るまで水筒の中の氷は全然無くなるまではいかず少々残すことが出来ます。少々残せるということは最後まで冷たい飲み物を飲めるということですね。

小さくとも保温性の良い水筒

水筒
自分が使っている水筒はこんなありきたりのどこにでもあるようなものですが、なぜか保温性が物凄く良く中に入れた氷が何時間も溶けずに残っています。フタの開け閉めや内部に水気を入れなければ何時間でも氷はそのままかもしれないと錯覚するくらい良く持ちます。氷だけで何時間持つか限界をまだ見てません。しかも自転車のボトルケージにほぼピタリ入る大きさです。別に自転車用に買ったわけでもなんでもなくたまたま家にあったものを自転車用に使っているだけですが、非常に救われます。

この辺が似ていると思いました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アウトドア
semiboze(半禿)をフォローする
SPONSORED LINK
チャリパカ(semiboze(半禿の)ブログ)