泥除け固定用ボルトを蝶ボルトに変更

この記事は 約3 分で読めます。

泥除けを蝶ネジで
先日チョッと大宮まで走って帰りは輪行して楽しみましたが、輪行すると大抵なにか失くします(泣)

先日の輪行のときは泥除けを止めるボルトとナットを失くしました。

後輪のボルト1本、前輪のボルト1本、前輪のナット1個という具合です。

その前にも輪行して運ぶ時泥除けのボルトとナットをきっちり締めていなかったためか一組失くしました。下は泥除けのシャフトを留めるボルトを嵌める部分ですが・・・

本当は泥除けなど付けずに走れればよいのですが、どうも水溜りや降雨の時走ると自転車も服も汚れるので外せません。
今後ロードバイクを手に入れることがあったとしても泥除けをなんとか付けられるように考えるのではないかと自分でも思っています。ロードバイクに泥除けは完璧に不恰好ですが、格好より実用性重視なタイプなので。


前置きが長くなりましたが、このリアエンドに泥除けのロッドを固定するステンレス製の蝶ボルトを買ってきました。キャップスクリュー(六角穴付ボルト)より蝶ボルトの方がお手軽です。
ただ、残念ながらリアエンドのクイックリリースレバーと干渉して片側は蝶ボルトは付けられず従来どおりのキャップスクリューを付けざるを得ませんでした。
なんと残念なことにこちら、今は左側に付けているクイックリリースと蝶ボルトが干渉しました。よって紛失していないキャップスクリューで締めました。
クイックリリースでもう少し小さいのがあれば蝶ボルトと干渉しないかもしれないのでウチにある別のクイックリリースを見てみたいと思ってます。
泥除けをボルトで留めたところ

泥除けを蝶ネジで留めたところ
このようにクイックリリースレバーの逆側は干渉せずに蝶ボルトを付けられます。
今後の輪行のときの分解と組立の作業効率がやや改善されるものと考えられます。

前輪のフォーククラウンと泥除けを留める箇所
そして前輪の話になりますが、前輪フォーククラウンと泥除けを固定する箇所のナットを失くしました。ステンレスの蝶ボルトと蝶ナットを組み合わせようか迷いましたが、ステンレス製の蝶ボルトって結構高価なんです。だからキャップスクリューは従来どおりでナットだけ蝶ナットにすることにしました。
それだけでも分解・組立時の効率は上がると思います。

前輪のフォーククラウンと泥除けを留めるところ裏側
↑このようにフォーククラウン裏側に蝶ナットを取り付けました。
本当は蝶ボルトや蝶ナットなどは見栄えのよいものではないので出来るだけ目立たないようにしたいものです。

フォークと泥除け留めてあるところ
フォークエンド泥除け固定両側にも超ボルトと超ナットを取り付けました。よく見ると不恰好ですが、あまり気にしないようにします。