ハンドルに体重の1/3がかかりくたびれるので快適なグリップに交換

この記事は 約2 分で読めます。
IMG_8172IMG_8172 / neco

自転車に最初からついているグリップはまん丸で使い勝手がイマイチでした。
そこでアマゾンで扁平したショートグリップを買ってつけました。
ゴムのグリップを外すのはちょっと大変ですが、あたらしいグリップをつけた後は手首が疲れず軽やかに走れます。

今回買ったグリップを検索したらすでになくなっていたようです。形はこれに良く似ています。

ハンドルバーグリップ
2012/12/04追記
感想
取り付けてみると直径はぴったりなはずなのですが、使用しているうちに出っ張っている部分がだんだん下に下がってきます。動かないようになにか工夫が必要です。

取り付けるときに油っ気があったのかもしれません。十分脱脂してからつけなければ滑るでしょう。
それでも動いてしまう場合はドライヤーで熱してみるという方法も有効かもしれませんが、硬化するだけで収縮するかどうか実際のところ不明です。あまり人柱にもなりたくないし・・・

確かにまん丸のグリップよりは扁平している分、掌への体重のかかり具合が幾分和らいでいるのは確かです。
動いてしまわないように考えるのが今後(買って使ってからかなり経過していますが)の課題です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自転車用品ハード系
SPONSORED LINK
SPONSORED LINK
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)