burleyのtravoy トレーラーの欠点?

この記事は 約2 分で読めます。

Velo Couture

photo credit: blentley via photopin cc
欠点と言う表現は本来適切ではありません。別に欠陥があるわけではないし、他と比べて劣っていると言いたいわけでもありません。
が、自分が購入を検討しているトレーラーでここはダメという点があったので記録しておきます。

burleyのトレーラーはシートポストに付けるタイプです。

ということはサドルバッグと排他ということになってしまいます。
先日折角モンベルのサドルバッグを2週間も待って買ったのにそれを外さなければならないのは断腸の思いです。
“泣いて馬謖を斬る”思いでしょうか?

でも切りたくありません。

サドルバッグには緊急用のパンク修理セットやトピークの工具が入っているのでこれを外すことは即ち気軽に出かけられない=近所に買い物にいくぐらいしか安心して出かけられないということになってしまいます。

そうかといっていちいち外出のたびにトレーラーとサドルバッグを付け替えるのも機動性に欠けていて気分が悪いですよね。

だからburleyのトレーラーはちょっと候補から外れるのではないかと思います。

そうするとやはり残るは、CARRY FREEDOMのトレーラーということになるかな?

これならばサドルバッグと排他にはならないけど、果たして輪行のときにすんなりエンド金具を交換できるかどうか、さらに調査を進めようと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自転車用品ハード系
semiboze(半禿)をフォローする
SPONSORED LINK
チャリパカ(semiboze(半禿の)ブログ)