広島に行ったつもりで安い牡蠣を楽しみました

この記事は 約4 分で読めます。

ガストの牡蠣フェア
牡蠣は寒い時が食べどきなんだそうです。
水温が上がると毒性のある微生物が牡蠣の内部に蓄積され牡蠣そのものが毒性を多く持つようになるとか。

牡蠣は一年中食べたいところですが、3月ごろになるとなぜかガストで牡蠣フェアをやり出します。仕事で広島に行く機会が数回ありましたが一度も本場の牡蠣をまともに食べた記憶がないのでガストの牡蠣でもいただいて広島の牡蠣の雰囲気でも想像することにしましょう。

ということでガストの牡蠣の感動のお話です。記事内で表示している価格は税抜きです。
メニュー情報|ガスト|株式会社すかいらーく|すかいらーくグループ

スポンサーリンク

ガストの牡蠣フェアにつきクーポンで599円が399円

ガストというお店は街道を走っているとあちこちにありますので、毎年季節モノを扱っているのは知られていることでしょう。
そんな季節モノでも牡蠣といえばなかなか自宅で料理して食べるとなるとカキフライ程度しかありません。
生牡蠣となるとより新鮮なものでないと口にするわけにはいきませんが、より高級なものになってしまいます。

しかしガストの牡蠣フェアでさらにネット会員限定クーポンで冒頭写真のカキフライ通常価格599円が399円と安くなってました。写真で見ると牡蠣の身が4個しかなくて寂しいと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、あまり多く食べると揚げ物は胃がもたれます。4個ぐらい食べてもっと食べたいなあと思うくらいが丁度良いのです。
ガストの牡蠣フェア

ただ残念ながらこの記事の公開時点ではすでにクーポン適用期間は終わってしまっているようで、ガストのアプリで見ても出てきませんでした。

牡蠣の好きな方、来年の2月末を狙ってください。2015年は14日間限定だったようです。

あまりにもカキフライを安く食べられたので気を良くして嫁と一緒にデザートもいただきました。
こちらチーズ味のプリンサンデーで399円でした。
ガストの牡蠣フェア

▼僕が食べてみたのはティラミスパンケーキ599円です。ティラミスパウダーがかかっていて、さらにカラメルソースもついていて結構コスパは高い気がします。ただバナナのぶつ切りがちょっと大きすぎかもwww。一口で口に入りません。
ガストの牡蠣フェア

▼こんな写真載せるの意味あるん?って思ったりもしますが、あとで自分で見返したとき、ああガストのデザートも美味しかったんだなあ。また行こうかなあと記憶が蘇るために必要と考えております。ブログですから。
ガストの牡蠣フェア

▼ということでガストは安くて庶民の味方ですね。普通のパフェが399円程度で食べられるのです。
やっぱり頻繁に利用してしまいます。
ガストの牡蠣フェア

今日の吉田哲也はこう思ったよ

ガストの記事なんて書けるかよ!って思いながらいつもガストを利用していますが、今回は牡蠣のフェアでまあまあうまい牡蠣を食べられたのと、デザートもコストパフォーマンスが良かったのでファミレスを敬遠している方もときには利用してみてはどうかと思って紹介しました。

コメダ珈琲店が朝7時からやっていて年配者に人気なのかもしれませんが、ガストは店によっては24時間営業ですから朝の5時とか行くとリラックスして朝活できますよ。

【関連 実際に広島に行ったときの話はこちら】

土砂降りの広島市
旅行というのは楽しいものだ。ましてや晴れていればなおさらだ。 しかし当日になってみないと晴れるのか晴れないのかはわからない。今日は自分の心がけのせいかわからないが実に天気の優れない広島市の様子をご覧に入れたい。 まさに菜種梅雨か。
広島駅でコインロッカーが一杯だったときのための荷物一時預かり所への行き方
広島駅にはコインロッカーが少ないらしいです。実際にはそれほど少ないとは感じませんでしたが、何箇所かに分散していて少なく感じることはあるかもしません。 そしてコインロッカーが一杯のときには荷物預かり所で預かってもらうという方法が広島...
広島旅行へ行ったときを思い出して阪急交通社での予約手順など備忘録
先日広島旅行に行ってきまして旅費はどれくらいかかったのかなあと気になったのと、結構安く行ってこられたのではないかと思ったのでオンラインでの申し込み手順などまた手続きするときに迷わないように書いおきたいと思います。 冒頭画像は広島ワ...
広島連続リーグ優勝おめでとう!【ネタバレ注意】マツダスタジアムのバックヤードコース見学レポート
マツダスタジアムの見学ツアーには3種類あるということを以前当ブログで述べた。 【関連】事務的だけど超法規的対応してくれるすばらしい広島球団のスタジアム案内受付 そのうちのバックヤード見学コースを予約できたので行ってみた。普段野球...

広島 | チャリパカ

一部 するぷろ for iOS(ブログエディタ) – Gachatechで編集しました。