マルチツールは自転車乗りの必携工具といえる

この記事は 約3 分で読めます。

ヘキサスⅡ
自転車での遠出のためにTOPEAK(トピーク) ヘキサス2 Hexus II TT2538B 【並行輸入品】というツールを買いました。

これはサドルバッグに入れて普段輪行袋とともに携行して走っています。

写真が白飛びしてしまってますがw

何しろ
■ エンジニアリング プラスチック ボディ
■ キーレンチ : 2、2.5、3、4(2本)、5、6、8mm
■ ディスクブレーキ用 T25 “Torx” レンチ
■ (+) ドライバー
■ (-) ドライバー
■ スポークレンチ : 14G、15G
■ チェーン ツール (SHIMANO HG、UG、IG対応)
■ チェーン フック
■ エンジニアリング プラスチック タイヤレバー(2本)
■ L95 x W44 x H26mm
■ 167g
というスペックです。

必要なものは全てそろっていて、タイヤのリムの振れの調整もできるスポークレンチも付いています。チェーンカッターまで付いています。そんな技は一生のうち数回のチャンスだと思いますが・・・
使い勝手は適度な重さがあって凄くいい買い物をしたなあと思います。
ドライバーやレンチの部分はクロム鍍金?されているのか部品に入れてぐりぐりやっても傷が全くといってよいほど付きません。
また手で持つ部分は樹脂ではなさそうだし鉄でもなさそうですが、やはり樹脂かも硬質プラスチックかなにかだと思ってます。
手触りは冷たくなくて心地よいです。
正直言ってこの手のツールはいろいろあって迷ってしまいます。
いくつかのメーカーが作っているでしょうし、また一社のメーカーでもバリエーションいろいろ出しているのでこれが一番いいというのは人によって違うでしょう。

特にTOPEAKは自転車用のツールでたくさん出していますが帯に短し襷に長しといいますか、なかなか必要にして十分というのに巡り会えません。

今回のこのツールもすべて必要かと言えばそうでもないものがいくつか乗っています。

 

手で持った状態はこのような感じです。まさに手のひらサイズで大きすぎず小さすぎず丁度良いです。

ヘキサスⅡ
主に使用するのはサドル調整の6mmだったり泥除け外しのときに5mmだったりぐらいで実際は全部のツールを使うわけではありませんが、こういうのを持っているだけでちょっとハッピーな気分になるから不思議です。
これ買っただけでまた尻がむずむずして出掛けたくなります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自転車用品ハード系
semiboze(半禿)をフォローする
SPONSORED LINK
チャリパカ(semiboze(半禿の)ブログ)