iPhone6splus iOS10のWalletアプリで対応しているクレジットカードを登録できなかったがWatchアプリでは登録できた

iPhone6splus iOS10のWalletアプリで対応しているクレジットカードを登録できなかったがWatchアプリでは登録できた

AppleWatch
タイトルどおりなんですけど、仕組みがいまいちわかっていないかもしれないのでやや説明に自信なしです。ただ出来たということは間違いないので経緯を説明します。

Apple Watchを持っていないと意味のない話ではあります。

それに毎日マイカー通勤で電車に乗る機会が年に数回程度のくせにSuicaを登録した話です。コンビニでドヤ顔して払いたいだけのためにAppleWatchを買ったようなものでしてw。

スポンサーリンク

旧式iPhoneではダメでもWatchなら実現できるクレカのWallet登録

iPhone6s plus & iOS10での実験

▼これはiPhoneのWalletアプリです。カードを追加というところをタップして対応しているはずの例えば楽天カードを読み込ませようとすると右画像のようにiPhoneの新機種でのみお使いいただけますと出てしまいます。つまりiPhone7以降でないと使えないんです。アプリが普通に動くのにハードの性能によって機能させることができないってちょっとイラっとします。
iPhoneのWalletアプリでクレカ読むiPhoneのWalletアプリでクレカ読む

これはiPhone7以降からスマホ本体での直接支払いの通信機能が追加されたためでして、いくらクレジットカードが対応しているはずと思ってスキャンしてみてもここから先へ進めないんですね。ガッカリでした。

で、ああせっかく腕時計でピッとかいって支払いたかったのにダメなのかなあ、とやや諦めかけていたんですが状況はやや違っています。

Apple Watchを持っていれば別の手が使える

楽天カードやTS3カード追加

Apple Watchを持っていればApple Payに対応しているはずの楽天カードやトヨタ系のTS3カードをWalletに追加することはできます。
Watchアプリを起動してWalletとApple Payというところをタップするとカードの追加ができる画面があります。下の画像ではすでに登録済みですが、赤い文字の[カードを追加]というところをタップすれば対応カードを追加できるはずです。

ちなみにENEOSカード(TS3カード)の右に赤く[確認]という文字が出ていますが、これはカードを読み込ませただけで最終確認を電話で手続きする必要があり、まだやっていない状態です。これだとまだ使えません。楽天カードも同様でしたが3分ぐらい使ってオペレーターと電話でやりとりして認証が済みましたので使えます。
iPhoneのWatchアプリ内でカードを登録できるWalletに登録できた

このようにして対応しているクレジットカードを旧機種のApple Payに登録することができました。

ただしもう一度いいますがApple Watchで支払うことができるというものでiPhone本体は旧機種なのでお店でピッとはできません。Watchが必要です。

Suicaを追加

Suicaの登録はSuicaアプリをつかいます。

Suica

Suica
無料
posted with アプリーチ

▼下の画像では既に登録されていますが、最初にSuicaアプリを立ち上げると実際にまだ何も登録されていない状態です。画面右上の+マークをタップしてSuicaを登録します。Suicaカードを持っている人は取り込みということができるようです。ぼくはSuicaカードを持ってはいましたが、返却するつもりで新規に登録しました。もちろん定期券ではありませんw
SuicaアプリでSuica登録SuicaアプリでSuica登録

登録すると同時にクレジットカードを紐付けするのでこのときに自分のメインのカードを登録しました。このときSuicaの支払いに充てるカードはApple Pay未対応のカードでも大丈夫です。

Apple Watchでの支払い

▼あとはApple Watchでメインで使うカードを選択しておけばコンビニでサラッと、あるいはサクッと払えるらしいです(実際にはまだ使ってません)。そしてApple Watchの右のボタンをダブルクリックすると複数登録してあるカードからどれを使って払うか選択することもできます。今回は楽天で払うとか今回はSuicaで払うとかその都度選ぶことも当然できるのです。
AppleWatchで支払えるAppleWatchで支払える

スポンサーリンク

フォローする