中山道69次14番板鼻宿

この記事は 約2 分で読めます。

今回記録を残しておくのは中山道69次の14番板鼻宿。

とくに濃い情報を網羅しているわけではない。参考書籍をたよりにした自分の踏破記録としてブログに残しておく。

自分ちの近くの道が江戸と京都を結んでいるという歴史が面白い。

スポンサーリンク

中山道69次の14番板鼻宿情報

  • 本陣:1
  • 脇本陣:1
  • 旅籠屋:54
  • 家数:312
  • 安中宿3.1km←|→8.3km高崎宿

引用元:中山道69次を歩く – Amazon

本陣位置

高札場位置

不明

無料駐車場位置

なしだが公民館駐車場にはしばらく停められるっぽい。

写真と簡単な内容

訪問日時

2021年5月2日 GWを利用して出かけ、車中泊しつつ奈良井宿ぐらいまで行きたかったが、早起きして出たにもかかわらず途中軽井沢宿あたりで大渋滞し断念した。

なのでこの日は沓掛宿あたりまでしか行ってない。ここらは近いのでいつでも行ける。が風情がほとんど残っていないので果たしてまた行くかどうか・・・

写真とコメント

▼本陣跡はすぐに見つかったが跡のみ。

中山道69次14番板鼻宿 中山道69次14番板鼻宿 中山道69次14番板鼻宿 中山道69次14番板鼻宿 中山道69次14番板鼻宿

見損なったが次回機会があったら行きたい史跡

  • 双体道祖神道標
    中山道浪漫の旅東編72ページ
  • 板鼻宿本陣裏庭月の宮
  • 庚申塔道標
  • 板鼻堰
    中山道浪漫の旅東編73ページ
  • 土蔵造り

参考にした資料

上記の他にもみどころいろいろ書かれている。

参考にした書籍
 
著者岸本豊氏の運営する中山道69次資料館についての記事はこちら
中山道69次資料館 追分宿すぐそば
中山道69次を巡るのが2021年のマイブームになっている。つまらない感染症が蔓延っているときは郊外をドライブしつつ楽しめる趣味がストレスにならなくて良いかもしれない。 そんな中山道69次について徹底的に調査して資料を集約してくれて...
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
群馬県
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)
タイトルとURLをコピーしました