iTunesカードって初めて買ってみたけどあれは対象年齢45歳未満かい?

この記事は 約4 分で読めます。

iTunesカード
1passwordというMacのアプリが安売りしているというので買おうと思い、現金で買うよりはiTunesカードで買った方がお得らしい(調査中)のでiTunesカードで買うことにしました。

でも対象年齢が45歳未満ぐらいだと感じたのでそんなことも書きます。

ストーリーとしては今回は1Passwordを買おうと思ったけど少しでもお得に買いたいと思ってiTunesカードを買ってそれでダウンロードしたっていう話です。

スポンサーリンク

2500円もアプリにお金を使おうと思ったきっかけ

いつも購読しているgori.meさんのブログでの紹介記事を見て知りました。
MacやiPhoneで非常に使い勝手の良い1PasswordというアプリのMac版が半額でセールしているとのことです。

滅多にMac用はもちろん、iPhone用のアプリでさえAppStoreで有料のものなど買わない自分です。

がしかし、どこのブログを読んでもこのアプリに関しては良い評判しか見かけないし、5000円のところ2500円と半額になるということなので清水の舞台から飛び降りるつもりで買うことにしました。

1Password
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

iTunesカード買って登録してみる

でも普通にクレジットカードで買ったのではお得感がないのかなあと思って、iTunesカードならもしかして昔のテレホンカードみたいに1000円買ったら50円オマケみたいなのあるかと思ってみたら無いんですね。
しかもコンビニでは現金じゃないと買えないし。

しかも何?

このカードの裏面の字の細かさにびっくり!
45歳前後あたりから老眼になると思いますが、老眼の人ではほとんど判読できないと思われる字の大きさです。
幸い僕はまだ老眼にはなっていないので読めますが、それでもキツいです。

それはさておき、四角い枠内の数字をAppStoreで登録します。
iTunesカード

▼パソコン(Mac)でのMacAppStoreの画面でiTunes Cardコードを使うというのがあるのでここをクリックしてみます。
初めてこういう機能を使うので合っているのかわかりませんが、外れているわけでもないでしょう。
iTunesカード

▼するとカードの番号を入力する画面になりますが、真ん中へんにカメラを使うというボタンがあります。
もしかしてと思ってこれを押してみると・・・
iTunesカード

▼Macのカメラが起動したようで自分が写ってしまいます。
ということはMacのカメラにカードを見せればコードを判読してくれるのでしょう。
やってみたらあっというまに読んでくれて進みました。
すごい!の一言です。

さすがApple。
すべてのデバイスやカードがつながるように出来ているのですね。
iTunesカード

▼コードを使用しましたとかいうメッセージがでて5000円分のチャージが出来たみたいです。

これで1Passwordを買うことにします。
で、お得になったかどうか。
ミニストップで買ったiTunesカードなのでどうも期間限定でキャッシュバックみたいなのがあるようです。
それは調査して後日記事にします。コンビニごとにキャッシュバックキャンペーンみたいなのをやっているようなので常にウォッチしていると安く利用できるかもしれません。
まだ調査中なので詳細はまだ書けません。あとで。
iTunesカード

▼ということで1Passwordを買いました。
かなり便利でもう離れられないという話をあちこちで見かけるので使うのが楽しみです。
ただ、iPhone用は別売でこれまた2000円近くするので安売りをするのをしばらくはじっと待つかもしれません。
iTunesカード

今日の吉田哲也はこう思ったよ

以前にパスワード管理はkeeperというのを使っていて概ね満足しているという記事を書きましたが、個人でのWindowsXPパソコンの利用を終了する予定ですのでパスワード管理もそろそろ切り替えかなと思って今回購入に踏み切りました。

iPhoneだけ持っているユーザーでも1Passwordはかなり便利みたいです。

1Password 4.3.2(¥1,800)(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: AgileBits Inc. – AgileBits Inc.(サイズ: 24.8 MB)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Mac
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)