[SWEETS VISA]沙羅英慕では凝ったインテリアを楽しめる

チェーン店の沙羅英慕って利用したことがなかったんですけど、SWEETS VISAの利用を機会に意を決して入ってみることにしました。

SWEETS VISAのメニューそのものはケーキセットと特に魅力的なものでもないんですけど家からまあまあ近いことと空き時間ができたのです。

驚いたのは馬で来てもイイってことですね(笑)
では紹介いってみましょう。
SWEETS VISAの24ページです。

外観

洋館風で一見さんを寄せ付けないような圧倒的な威厳をたたえています。

馬で来ても大丈夫なようにちゃんと案内が掲示されていますよ。
沙羅英慕

▼ちょっとした小物も表にいろいろと飾られています。
これらを見ているだけで5分や10分は経ってしまいそうです。
沙羅英慕

店内

店内はエントランスを通ると大きく左右2つに分かれていて右はボックス席が数席、左にもボックス席が数席あります。
左のホールの中央にはピアノが置いてあります。
もしかして生演奏とかすることがあるのでしょうか。
それはそれで面白いですね。

まずはマダムっぽいウェイトレスさんが出迎えてくれました。
なんとなく微妙に事務的な対応(?)を感じたのはチェーン店とマイナーな個人カフェの違いでしょうか。
まあチェーンカフェにそんなにホスピタリティを求めてもね・・・

店内はかなり暗いです。
例えていうなら黄昏時とでもいいましょうか。わかりにくいですか。

その割りにはというか、そのためというかかなり賑やか!
暗くてよくわからないが、主に聞こえるのはオバタリアンのダミ声。
いや、マダムたちの談笑。ものすごい!

▼もしもやかましいと感じたらテーブルにある小物でも鑑賞して気を紛らわしましょう。
沙羅英慕

メニュー

メニューはウェイトレスの人が持って行ってしまったので他にどんなのがあるかわかりません。
きっと素敵な食べ物があるのだと思います。

SWEETS VISA実食

▼石釜コーヒームースのケーキと日替わりコーヒー(その日はモカでした)です。
普通はケーキとコーヒーの組み合わせで500円なら決して高くはないはずなのですが、やはり単なるケーキだけだとSWEETS VISA実施の他店と比較してしまいやや見劣りを感じざるを得ません。
沙羅英慕

▼切り口はこんな感じ。
でも美味しかったです。
沙羅英慕

▼ケーキもコーヒーもそれなりに美味かったです。
沙羅英慕

おこがましくも総評

正直言って普通のショートケーキとコーヒーでは500円で喰えたからといってそれほどお得感はありません。

なぜならシャトレーゼなどへ行けばいつでも250円ぐらいで多数のケーキを揃えているからです。
おそらくこちらの沙羅英慕さんも大きなチェーン店ですからケーキはセントラルキッチンで大量生産してかなりコストは低く抑えられていると思います。

逆に日替わりコーヒーのほうがお店で煎れるのでコストがかかっているかも。

やはりSWEETSをお得感を感じて食いたければ個人経営のマイナーカフェに行くべきでしょう。
断言してもよいです。

まあそんな下世話なことを考えてしまった今回のSWEETSの旅でしたが、良い点もあります。

店内がいろいろとクラシックにこだわっているようで壁にかかっている時計やら、窓辺の電気スタンドやらと癒しの要素はそこかしこに散りばめられています。

そしてBGMはどこかで聴いたことのある懐かしさの感じられるクラシックメロディの曲ばかりで子供のころの記憶がぼんやりと戻ってくる気がします。
沙羅英慕

チェックポイント

  • 外観:洋館風
  • 店内:薄暗くてスナックみたい
  • 基調色:黒に近い茶色
  • 雰囲気:お店としては落ち着いたクラシカルなんでしょうけど、客層が賑やかな世代なのでやかましい
  • BGM:子供の頃に聴いたような懐かしいクラシック系
  • 駐車場:30台
  • 駐輪場:馬なら可
  • 漢一人:暗いから大丈夫
  • コーヒーの味:数種類あるけど普通かな
  • トイレ:利用していないので不明
  • 分煙:たぶん全席喫煙OK
  • 特記事項:全席か不明だがテーブルの天板が厚くて足が組めない(笑)

店舗情報

関連ランキング:カフェ | 武川駅

一部 するぷろ for iOS(ブログエディタ) – Gachatechで編集しました。