中山道69次熊谷宿 通ったことはあるが意識していなかったところばかり

この記事は 約5 分で読めます。

今回記録を残しておくのは中山道69次の8番熊谷宿。

とくに濃い情報を網羅しているわけではない。参考書籍をたよりにした自分の踏破記録としてブログに残しておく。

自分ちの近くの道が江戸と京都を結んでいるという歴史が面白い。

スポンサーリンク

中山道69次の8番熊谷宿情報

基本情報

  • 本陣:2
  • 脇本陣:1
  • 旅籠屋:19
  • 家数:1075
  • 深谷宿11.5km←|→16.5km鴻巣宿

引用元:中山道69次を歩く – Amazon

本陣位置

このあたりに碑が残っているらしい。

高札場位置

碑が残っているらしい。

無料駐車場位置

地元なので自転車で回るから個人的には駐車場はなくても困らないが高木神社に駐車場があるのと市役所は無料駐車可能なのとイオン熊谷店ぐらいがそこそこ広い駐車場といえる。

そのほかにもちょっと路肩に数分停めるのはありかもしれないが史跡のほとんどが市街地なのであまり長時間停められそうなところはないかもしれない。

写真と簡単な内容

訪問日時

2022年9月25日 久しぶりのサイクリングがてら適当に廻った。あまり下調べをしないでふらっと回っただけなので何枚も写真を撮っていないが帰ってきてから改めて調べるとかなりの史跡があることがわかりこれは次回ちゃんと回らないといかんと思った。

写真とコメント

忍領石標

江戸時代に熊谷市の一部は忍藩の領地だった。忍藩の方針で宿場には飯盛女を置かせなかったらしい。したがって宿としてはあまり栄えず旅籠数も少なかったそうな。(深谷80軒熊谷19軒)

それか影響してか今にいたるまでイマイチ熊谷市はとなりの深谷市の栄華にくらべてぱっとしない感が拭えない。

風俗の許可は国家百年の計と言っても過言ではない好例になってしまっているほど人口が増えず盛り上がらないのが我が熊谷市。

中山道69次8番熊谷宿

新島一里塚

まさか普段しょっちゅう通っていた道にこんな完全に近い形で一里塚が残っていたなんてびっくりである。熊谷市もやりおる。ずっと残してほしい。

中山道69次8番熊谷宿

熊谷市よ、宅地にしないで保存してくれていてありがとう!

中山道69次8番熊谷宿

でも落雷でほとんど失われた欅が痛々しすぎる。っていうか切り株しか残ってないか。

中山道69次8番熊谷宿

久下上宿道標

ネット上では詳しい記事が見つからなかったがおそらく鴻巣宿から熊谷宿へ行く間は16.5kmと距離が少々長いので間の宿だったと思われる。

それはいいのだが、人の家の門の前にこういう道標を据えるのって当家としてはどう思っているんだろうか。迷惑なのか名誉なのか?昔からここに住んでる人なら名誉かな。無関係なところから引っ越してここに住んでいるなら迷惑と捉えるかも。

中山道69次8番熊谷宿

中山道69次8番熊谷宿

熊谷駅北口の熊谷直実像

平家物語「返させたまへと、扇をあげて招きければ、招かれてとって返す」という行で平敦盛を呼び戻して戦って討ち取った熊谷市の名士「熊谷直実」の像がある。

子供の頃から見慣れているので改めて意識しなかったがそういうシーンを描写した像だとは知らなかった。

ちなみに熊谷直実は源平の戦に疲れ果て世を儚んで出家し八木橋デパートの北に熊谷寺を開いた。デパート近いからけっこうセレブが来てお布施集まるんじゃね?って思ったかどうかしらない。

熊谷寺

上記熊谷直実が開いた寺。直実は蓮生と名乗り熊谷市民ならみんな知ってる盆踊りの定番「直実節」でも♪れん~んしょうおうぼう~」と歌われている。

因みに境内は一般人立入禁止。

見損なったが次回行ったら見たい史跡

  • 道標間の宿吹上
  • 久下一里塚祠
    誹風柳多留の句「くたびれた奴が見つける一里塚」を標示する
  • 久下堤碑
    南へ瀬替えを行った場所。馬子唄で「久下の長土手 深谷の並木 さぞや寒かろ寂しかろ」と唄われたという。旧流路は現在の元荒川。
  • 権八地蔵 英泉画の中山道六十九次「熊谷宿」に描かれている
  • みかりや(茶屋)
    英泉の絵にこれも描かれている。忍藩の殿様が鷹狩で立ち寄った茶屋でもとは御狩屋といった。柚餅子(ゆべし)が名物
  • 熊久橋
    中山道で唯一富士山を左に見えた場所 郷土カルタ「過ぎし日の熊久橋や左富士」を示す といっても進行方向に対して2度左に見える
  • 八丁一里塚祠
  • 熊谷堤と碑
    群馬県出身で後に熊谷宿の本陣を継ぐことになった竹井澹如(通称万平)が私財を投じてこのあたりに堰をつくったのに因んでここが万平公園となり熊谷堤の名残が残っている。
  • 紺屋の青銅常夜灯
    熊谷宿には湧き水が出たので紺屋がたくさんあり38人の紺屋の名がこの常夜灯に刻まれている。高木神社境内にある。
  • 札の辻跡 高札場跡地 高札14枚は本陣竹井家に現存するらしい。
  • 忍藩陣屋跡
    熊谷宿は忍藩に属していたため忍藩から交代で役人がここの出張所に常駐していたということらしい。市役所の出張所みたいなもんだったんだろう。
  • 竹井家本陣跡碑
    おそらく八木橋デパートの斜向いのこのあたりだったようで碑があるらしい。星川まで土地が続く大地主だったそうだ。
  • 星溪園
    本陣竹井澹如の別邸として作られた。湧き水は星川の源流でもある。
  • 籠原立場(しがらき茶屋本陣跡碑)
    佐渡奉行川路聖謨(かわじとしあきら)が在勤日記「島根のすさみ」で言及している。
  • 東方一里塚跡
    北側に馬頭観音3基、南に盛土と欅があるが盛土は当時のものではない。
    熊谷軽自動車検査場のそばらしいんだけどグーグルマップだけではわからず、実際に現地に行ってみないとわからない。

参考にした資料

上記の他にもみどころいろいろ書かれている。

参考にした書籍
 
著者岸本豊氏の運営する中山道69次資料館についての記事はこちら
中山道69次資料館 追分宿すぐそば
中山道69次を巡るのが2021年のマイブームになっている。つまらない感染症が蔓延っているときは郊外をドライブしつつ楽しめる趣味がストレスにならなくて良いかもしれない。 そんな中山道69次について徹底的に調査して資料を集約してくれて...

マイマップ

気になる史跡が青、無料駐車場が黄色P、宿泊施設がオレンジベッド、道の途切れが赤い銃のマークでそれぞれ載せてある。鋭意更新中。

タイトルとURLをコピーしました