タイヤの交換手順

この記事は 約3 分で読めます。

DOPPELGANGERのカラータイヤを買ったので交換しました。
せっかくなので誰かの役に立てればと思い写真を残してやり方を公開しておきます。別にたいした作業ではないですが、まったく知らない人にはいくらかでも役に立つかもしれないので。
タイヤ交換交換前の古いタイヤはもう外してあるという前提で開始します。内側のタイヤチューブのバルブの部分を穴に通して軽く固定した状態にしておきます。チューブはバルブ付近以外は全部手前側に出してしまったほうが良いです。


タイヤ交換新しいタイヤの片側、この場合向こう側の縁をリムの内側に入れていきます。タイヤの片側だけなら特に道具は使わず簡単にリムの内側に入れられます。


タイヤ交換このように親指でぐいぐいとタイヤの向こう側の縁をリム内に押し込んでいきます。


タイヤ交換一回りタイヤの向こう側がリムの内側に入ったら今度はタイヤチューブの番です。


タイヤ交換タイヤの内側にタイヤチューブをグイグイと押し込んでいきます。このときあまりタイヤチューブがねじれないように気をつけたほうがいいです。まあ余程ひどくなければそれほど気にしなくてもいいかなとも思います。


タイヤ交換タイヤチューブをひと回り入れたらタイヤの手前側をリムの内側に押し込んでいきます。3/4周ぐらいまではこのように手で簡単に押し込めます。


タイヤ交換このような隙間が最後に残って手だけではリムの内側に入れるのは困難です。


タイヤ交換最後の1/4ぐらいの残りはこのようなタイヤ修理用ヘラを使うなどして梃子の原理も応用してタイヤの縁を嵌めていきます。このとき反動で反対側がだんだん外へ出てきてしまうはずですので抑えながら入れていく必要があります。


タイヤ交換写真を撮る便宜上、足で抑えていますが実際は両手を使えばそんなに難しくありません。


タイヤ交換手と治具を駆使してこのようにリムの内側にタイヤをすべて入れたら中のタイヤチューブに捻じれや挟み込みなどないようにタイヤをぶにょぶにょとつまんで揉みます。
あとは空気を満タンいれてバルブ部分の固定を再確認して完了です。


ここでつけたタイヤはこれです。格安でした。

楽天ショップ自転車の九蔵
ここに書いたやり方は我流も含んでおります。まるっきり真似をして不具合が生じても吉田哲也は責任を負いませんので自己責任で修理してください。