中山道69次25番望月宿

この記事は 約3 分で読めます。

今回記録を残しておくのは中山道69次の25番望月宿。

とくに濃い情報を網羅しているわけではない。参考書籍をたよりにした自分の踏破記録としてブログに残しておく。

自分ちの近くの道が江戸と京都を結んでいるという歴史が面白い。

スポンサーリンク

中山道69次の25番望月宿情報

基本情報

望月宿は駒(馬)の名産地だったそうで、望月の名前の由来も満月(望月)の日に合わせて朝廷へ名馬を献上したことから来たとか。

  • 本陣:1
  • 脇本陣:1
  • 旅籠屋:9
  • 家数:82
  • 芦田宿4.9km←|→3.7km八幡宿

引用元:中山道69次を歩く – Amazon

本陣位置

道路沿いの看板が出ているので見つけるのは簡単。

高札場位置

大森家本陣敷地の大半が現在は歴史民俗資料館になっていてそこの前に高札場があったようだ。

中山道69次25番望月宿

無料駐車場位置

1.歴史民俗資料館の駐車場が短時間なら留めても良さげかなと思うが実際には不明。

中山道69次25番望月宿

2.望月町商工会館の駐車場が望月宿への観光客のためのオフィシャル無料駐車場っぽい雰囲気がある。表にトイレ看板も掲示しているので。

写真と簡単な内容

訪問日時

ほぼ下調べせずに行くとほとんど見損なって帰ることになるが、2度3度と行くうちにいろいろ見えてくるのがまた楽しいのだ。

  • 2021年6月5日
  • 2022年7月23日

写真とコメント

▼大森家本陣中山道69次25番望月宿

▼大森家本陣の敷地の大半は現在歴史民俗資料館になっている。

中山道69次25番望月宿

▼大森家本陣の向かいにある鷹野家脇本陣

中山道69次25番望月宿

中山道69次25番望月宿 中山道69次25番望月宿

2022年7月23日新たに訪問した史跡

望月新町跡碑

江戸時代中期の洪水で家屋が多数流され道が迂回するようになりその碑が残る

道は狭いが自動車でもなんとか通れそう。自分は辞めといたが。
望月新町跡碑 望月新町跡碑

望月の駒像

参考サイト
和歌にも詠まれた「望月の駒」の由来と遺跡を訪ねる – Skima信州-長野県の観光ローカルメディア
場所はたぶんこの駐車場あたり

平安時代に東国4箇所から馬が朝廷に献上されていたそうでその1箇所がここ望月ということ
▼望月町役場の駐車場ロータリー中央にある。この馬の意味わかってる住人が何%いるだろうか。
望月の駒像 望月の駒像

旅籠大和屋(国重文)

望月宿最古の建築物。前を通っていたはずなのに見損なっていた。

▼本陣とかある同じ通りにあったのだが気づかず素通りしていた。

望月宿旅籠大和屋 望月宿旅籠大和屋

茂田井間の宿

昔の街並みが残っている地域。
武重酒造裏に映画「たそがれ清兵衛」のセットがあったらしい。

▼馬頭観音

茂田井間の宿 茂田井間の宿 茂田井間の宿 茂田井間の宿

▼猫茂田井間の宿

ここらへんがたそがれ清兵衛のロケ地だったところか・・・茂田井間の宿 茂田井間の宿

茂田井一里塚公園

公園なんていうほど広いものではなくほんの数坪の場所だった

茂田井一里塚 茂田井一里塚

旧茂田井高札場跡

茂田井高札場跡

見損なったが次回行ったら見たい史跡

  • 御牧ヶ原
    朝廷の直轄牧場である御牧があったところ。
  • 瓜生坂と一里塚
    江戸時代の中山道より5m切り下げられており、当時の碑などがある
  • 長坂の石仏群
    修験道の寺跡地に双体道祖神などがある
    \
  • 茂田井の双体道祖神群
    諏訪神社の境内にあるらしい
  • 吹上坂桝形

参考にした資料

上記の他にもみどころいろいろ書かれている。

参考にした書籍
 
著者岸本豊氏の運営する中山道69次資料館についての記事はこちら
中山道69次資料館 追分宿すぐそば
中山道69次を巡るのが2021年のマイブームになっている。つまらない感染症が蔓延っているときは郊外をドライブしつつ楽しめる趣味がストレスにならなくて良いかもしれない。 そんな中山道69次について徹底的に調査して資料を集約してくれて...

マイマップ

気になる史跡が青、無料駐車場が黄色P、宿泊施設がオレンジベッド、道の途切れが赤い銃のマークでそれぞれ載せてある。鋭意更新中。

タイトルとURLをコピーしました