中山道69次27番長久保宿

この記事は 約3 分で読めます。

今回記録を残しておくのは中山道69次の27番長久保宿。

とくに濃い情報を網羅しているわけではない。参考書籍をたよりにした自分の踏破記録としてブログに残しておく。

自分ちの近くの道が江戸と京都を結んでいるという歴史が面白い。

スポンサーリンク

中山道69次の27番長久保宿情報

基本情報

  • 本陣:1
  • 脇本陣:1
  • 旅籠屋:43
  • 家数:187
  • 和田宿7.8km←|→5.3km芦田宿

引用元:中山道69次を歩く – Amazon

本陣位置

高札場位置

本陣位置と同じ

無料駐車場位置

長久保宿観光客用の公式ではないかもしれないが、自治体の公共施設ということで大丈夫なのではないだろうか。


▼もう一箇所、ここは明治初期に開業しようとしたものの時代の激変期で開業に至らなかった旅籠。現在は資料館兼休憩所として公開しているので駐車可ではないだろうか。

写真と簡単な内容

訪問日時

  • 2021年6月5日奈良井宿からの戻りがてら寄った。
  • 2022年5月6日行った

写真とコメント

▼長久保宿本陣と高札場

中山道69次27番長久保宿

旧中山道を自動車で走っていると嫌でもこの大きな高札が目に入る。もうこれだけでお腹いっぱいになるほど。だがよく調べればいろいろ他にも見どころはあった。またいかないと。

中山道69次27番長久保宿

中山道69次27番長久保宿

石合家には真田幸村の長女すへが嫁いだそうだ。

中山道69次27番長久保宿

 

西の桝形

▼再訪問で確認した。手前から正面右手へ続くのが枡形。

長久保宿西の枡形

四泊一里塚跡

長久保宿からはちょっと離れていて和田宿との中間地点ぐらいにある。(東編125ページ)

長久保宿四泊一里塚

長久保宿問屋

ここも一度目には見損なっていたが行った。場所は高札場の向かいあたり。

長久保宿問屋

旅籠 辰野屋(竹重家)

▼ここも2度めの訪問でちゃんと確認した。

長久保宿旅籠辰野屋(竹重家) 長久保宿旅籠辰野屋(竹重家) 長久保宿旅籠辰野屋(竹重家)

感想述べておく

2度目の訪問でほぼ主だった史跡は訪ねられた。

ちゃんと見るとそれなりにいろいろ見つかって面白い。奈良井宿や妻籠・馬籠ほどではないがそこそこ昔の風情が残っている街並みで維持されることを願う。

見損なったが次回行ったら見たい史跡

特になし

参考にした資料

上記の他にもみどころいろいろ書かれている。

参考にした書籍
 
著者岸本豊氏の運営する中山道69次資料館についての記事はこちら
中山道69次資料館 追分宿すぐそば
中山道69次を巡るのが2021年のマイブームになっている。つまらない感染症が蔓延っているときは郊外をドライブしつつ楽しめる趣味がストレスにならなくて良いかもしれない。 そんな中山道69次について徹底的に調査して資料を集約してくれて...

マイマップ

タイトルとURLをコピーしました