入学式を欠席する教師と集団的自衛権行使について

この記事は 約4 分で読めます。

family
自分のブログですからたまにはまったく毛色の違う内容の話を書くことも自由とさせていただいております。
前から知っていた話ではありますが、今日改めてこんな記事に出会い、新しい考え方に触れ自分の考えも近いものがあり、我が意を得たりという多少の溜飲の下がる思いもしたので書き留めておこうと思います。

元ネタは[N] ネタリスト(2014/06/04 10:00)教師は自分の子供の入学式を優先すべきだ(リンク切れ)という記事でそのさらに引用している元記事は教師は自分の子供の入学式を優先すべきだ | 東京に住む外国人によるリレーコラム | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイトです。

スポンサーリンク

教師が自分の子供の入学式に出席

教師が自分の担任するクラスの入学式を欠席し、同日行われた自分の子供の入学式に出て日本中から非難されたという話です。

自分は最初このニュースを聞いて、「勇気あるなあ」というのが率直な感想でした。
自分の担任する入学式を欠席するべきではなかったとか、自分の子供の方が大切なのかい?とかいう感想は特に抱きませんでした。

しかし、教育関係の仕事についている人たちは概ね批判的な意見のようです。

そして今日目にした記事には以下のように出ています。

「職務は家族より大事というのが行政の公的立場なら、子供を持つ親が増えるわけがない」
引用:教師は自分の子供の入学式を優先すべきだ | 東京に住む外国人によるリレーコラム | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

ユダヤ人を絶滅収容所に送り込んだドイツ軍兵士の多くは、自分の行為を「職務を果たそうとしただけ」と説明していた
引用:教師は自分の子供の入学式を優先すべきだ | 東京に住む外国人によるリレーコラム | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

社会の価値観と個人の価値観は同一ではない

なるほど、よく考えてみなかったが言われてみればもっともに感じます。

そこで自分に翻って考えました。

職務がつらくても頑張って仕事に行くか?否!
自分一人で責任を被るか?否!

欧米に近いのかどうかわかりませんが、考え方は自分第一、家族第一です。
仕事のために家族を犠牲にするとかまっぴらです。

しかし、世間ではこの教師のような行動はまだまだ非難されるほうが強いのではないでしょうか。

うちの嫁に聞いてみたところ、とりあえず他人事だからどっちでもいいけど、信用はしない、自分の子供の担任にはなってほしくないと断言していました。

なるほどやはりそう思うか。嫁も典型的な日本人ですし、自分とはかなり価値観が違うことは前から知っていました。

例えばこんな感じ。

テレビ大好きほとんど見ない
チェーン系飲食店を好む個人経営飲食店開拓を好む
すぐ金使うまず知恵を使う
友達多い友達少ない
お金溜めるの苦手得意ではないがコツコツためる
大通り走る主義狭い道くねくね走りたい
ついつい面倒を見すぎるできるだけ放任する主義
うるさいガキがきらいうるさいおばさんが嫌い

まあそんな感じで、欧米人の考え方を上記リンク先サイトで知って自分の考えも多少近かったとはいえ、まだまだ狭いなあと感じた訳です。

これからは家族サービスをすると言って堂々と会社を休みましょう(笑)
冗談はさておきまして、自分の子供より職務を優先させよという日本社会の考え方は少し改めた方がいいのではないかと本当に思います。

義務、職務、秩序、献身、自己犠牲などの美徳は自分に課すのは美徳になりますが、自分以外に要求するのは世界的な標準で考えたらハラスメントです。

言いたいことを思いっきり書こうと思って書き始めましたが思いのほかあっさりと書ききってしまってますが日本人の価値観も徐々に変わって行くと思います。

働き方が多様化しているように。
Medium 7899717808
photo credit: Bundeswehr-Fotos Wir.Dienen.Deutschland. via photopin cc

集団的自衛権について

さて、集団的自衛権について議論がさかんに行われていますが、こういう教師を批判する人々はきっと集団的に自衛権を行使しなければと考えているんじゃないでしょうかね。

そうはいいつつ、きっと権力階級の人が多そうなので、万一法律が変わって徴兵制度にまでなったら自分の子供だけは徴兵されないようあの手この手を尽くしそう。

責務を果たせえーってリキむんだったら集団的自衛権を行使するときは率先して自分の肉親(親だろうと子だろうと)に行使に行かせてほしいですねえ。

僕は嫌ですよ。
自分と家族が一番大事ですから。

話がかなり飛躍してしまいました今日はこのへんで。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
分類できない話
スポンサーリンク
スポンサーリンク
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)