まともなブログを書くのは難しいって話

この記事は 約5 分で読めます。

BLOG IDEAS
BLOG IDEAS Photo by owenwbrown

けっこう萎縮してしまった話です。

ブログを書いているとほかのブログも読むようになったんです。
書くようになってから読むようになったのか、読むようになってから書くようになったのか覚えていませんが、インスピレーションを受けるよい材料として他のブログをいろいろと読み漁っています。

そんななかでこんな記事に出会いました。
なんか「おまえのブログのことだよ」とでも言われているような気がして記事を書くモティベーションに多少なりとも影響を受けてしまいましたっす。

ぼくはひとつ明確な方針を持っていまして、「他のブロガーでも書ける記事」は徹底的に書かないようにしようと心がけています。
引用:「ダメなブログ」に共通する、たったひとつのこと : イケハヤ書店

誰でも書けるような記事はだめだという意見がある一方こんな意見もあります。
それは、ほかの人が書いているから自分が書いても仕方ない、二番煎じだと思う必要はない、どんどん書け。一見矛盾しているような意見です。
この矛盾しているような意見にどう対処したらよいかわからず、筆が進まないという事態に陥っています。

ところが実際は矛盾していないんです。

オリジナリティのあるブログ

誰かが書いたと思われる内容あるいは案件の記事でも、独自の視点で文章を書くことができればオリジナリティが出せるということです。

ですが、何々を買いました。開封しました。同梱品はこういうものでした。スイッチを押すとこう光ります。よい買い物をしました。

という程度の商品レビューなど書いても多少検索に引っかかってそこからモノが売れるかもしれませんが、また読みたいブログとして再び訪れてもらえるかというと疑問です。

オリジナリティって言葉でいうのは簡単ですが、なかなか実際には発揮するのは難しいです。

じゃあブログなんてやめちゃえば?って思いますね。

でもねf^^)

せっかく始めたものだし、微弱ながら読みに来てくださる人の数も増えているし、少々の収益もあるし、ネタになるかもって感じで行動が変わったってのもあるしね。

やめちゃったら以前の怠惰な生活に戻っちゃうような気がするしね。

結構そういうのってあるんじゃないかとおもいます。
別にブログに限った話じゃありませんが、スポーツでもなにかのコミュニティでも始めたおかげで生活に張りが出たとか、習慣が改善したとか。

誰でもなにかきっかけがあって、それでよい方向に向かえたらそのきっかけはやめたくないと思うんじゃないでしょうか。

たまたまそれがブログだったというだけのことです。

それが誰にでも書けることは書いちゃいかんということになると、「さて何を書こう・・・」と今まで以上に頭をひねらなくてはなりません。

まあ自分の体験を書けばそれがオリジナルになるという話ですから、自分の書くものすべて誰かの受け売りであるということはないです。

それでも読者を唸らせるような記事を書くことは難しいです。
たぶん今まで1度も唸らせたことないんじゃないかな・・・

多少ユーモアを含んだ文章にすることは心がけていますが、唸らせることは難しい、というか不可能かもしれません。

唸らせなくてもいいんですけどね。

毎日僕のブログ読む人が「んーーーーーーー」って唸っていても気色悪いことになります。

よく言われているよい記事の要素としてはこんなのがあります。

  1. ためになる、役に立つ
  2. 面白い
  3. 速報性

ほかにもいくつかあるらしいですが、覚えているのはこの3つの要素のいずれかを満たせば人気ブログになってリピーターも増えると。

ほかに独自性とかあったかもしれませんが、それは上記の1~3を複合させれば独自性になりますよね。

結論

とにかく嫁からはまったく「ブログばっかり夢中になってて」と言われますが、いけませんか?

世間一般が「ブログ」というものに対してどのようなイメージを抱いているのか分からないが、僕が推測するに、日常の何ともないような出来事を記す趣味の延長である、という認識が強いのではないかと思う。要は、真剣に取り組んでいたとしても、「単なる趣味」の域から脱さないのだ。
引用:自分の「本気」や「努力」は身近な人でさえも全然伝わっていないが、その程度で心が折れているようではダメだ | gori.me(ゴリミー)

上記引用元のgori.meさんには遠く及びませんが、真剣なんです。
真剣にやっても個人差がありますからgori.meさんのように爆発的な人気はありませんが。

最初のころはただ記事を数行書いてはアフィリエイトタグを張り付けていただけの自分のブログでしたが、だんだん記事の書き方も工夫するようになって長い内容を目指しています。

まだまだ全然未熟なんですけどね。

正直言っていくら自分のブログだからってこういう今回の記事のような話を世間に公表するのも恥ずかしいです。
しかしこんなふうに考えながら苦悶してブログを書いている人がいるということを知っていてください。

っていうか、たぶんブログ書いている人ってだいたい苦悶しているんじゃないのかなあ?

でも好きなんです。

Always 三丁目の夕日でも淳之介が茶川に言っていましたね。
「作家は苦労するだけだって言ったっておじちゃんはやめないじゃないか。好きだからでしょ」

かーーーーーっ。
泣くね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
主張
semiboze(半禿)をフォローする
SPONSORED LINK
チャリパカ(semiboze(半禿の)ブログ)