補水不要で6年半使えたパナソニックバッテリーカオスはリピートする価値がもうひとつある

この記事は 約2 分で読めます。

パナソニックカオス交換作業

▼お亡くなりになった方の70B24Lの血圧(電圧のことです)を見ると11Vは超えています。まだ使えるのかも?と考えてしまいがちですが、電圧はあまり関係ありません。サルフェーションという現象が内部で進行し、本来貯められるはずの電力を内部に貯められなくなっているのです。つまり電圧は11Vあるけど容量は一般の乾電池程度になってしまっているというわけです。
ひとたびエンジンがかかればその発電した電力で生命を維持できますが、乾電池程度の容量では最初のエンジン始動はできません。
パナソニックカオス

▼新旧比べてみます。尾久が新品、手前が旧品で大きさは全く同じです。外観デザインはほとんど変わりませんね。
パナソニックカオス

▼旧カオスバッテリー70B24L
パナソニックカオス

▼新カオスバッテリー80B24L
パナソニックカオス
▼ということでサラっと交換完了です。
端子はまだですが。
重いので交換のときは十分注意してやりますよ。
あと端子を外すときは黒を先に外して、付けるときは黒を後からです。ショートさせなければ感電しませんからあまり神経質にビビらなくても作業できちゃいます。
パナソニックカオス
▼取り付けてから電圧をみてみますと12V程度です。
新品だからって凄まじく電圧がびんびんに高いわけではありません。
先ほども申しましたように内部の容量の問題です。
iPhoneとかノートパソコンと同じです。ずっと使っていると「持ちが悪くなる」ということです。
パナソニックカオス

次はエンジン始動

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自動車ハード
SPONSORED LINK
SPONSORED LINK
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)