【乗換】N-BOXの自動車保険会社見直し/ほぼ同じ条件/切り替え/12350円ダウン

この記事は 約3 分で読めます。

ホンダの自動車N-BOXを1年3ヶ月前に買いまして、買った年は舞い上がっていて保険の切替をただ同じ保険会社で車両の入れ替えだけという手続きを行いましたが、次回の更新がせまってくるとボーッと生きてんじゃねえよと言われないような検討をしなければいけません。

今回はN-BOXの21歳以上保証で保険料を大幅に下げることができた成功事例としてお話します。なにか参考になれば幸い。

自動車保険の切替実例

子供(20代前半)が乗るとなると妙に高い保険料

全労済のN-BOX保険料

夫婦限定、あるいは本人限定でしかも年齢が40歳を超えているぐらいだと保険料はかなりお安く設定されているのが一般的です。

しかし子供が免許を取り運転をするようになると家族特約の変更なり年齢制限引き下げなどの更新をしなければなりません。そうなると保険料がぐっと上がって家計を著しく圧迫します。

上の画像は我が家の軽自動車N-BOXの保険料ですが22等級(全労済の場合22まである)でも52310円かかります。

新車の場合、車両保険もつけたくなりますから多少の上がりは仕方ないとしても安全装備がこれ以上ない(ホンダの中では当時最高の安全装備)条件であってもこの価格です。

もしかしたら保険会社がまだ自動車の情報を正確に掴んでいないということも考えられます。仮に後になって安全基準が特に優れているということがわかったとしても認識不十分による保険料取りすぎを返金することはないでしょう。おそらく翌年からシレッと下げる程度と思われます。

しかし上の画像によると前年53920円から52310円への値下げはあまりにも少なすぎます。

保険会社切替を検討するときです。

結論:年間52310円が○○万円に

我が家の場合、アクサダイレクトに切り替えました。

それにより全労済の複数車両契約割引というのがなくなりますが、おそらくそれを補ってあまりあるほどのコストダウンが図れたはず。

金額は年額39960円です。

12350円のコストダウンです。

我が家の条件(アクサの証券)

アクサダイレクトのN-BOX保険証券

他社への切替検討

インズウェブで一括見積もり

保険の窓口インズウェブ

ネットで個別にシミュレーション

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自動車ソフト
semiboze(半禿)をフォローする
SPONSORED LINK
チャリパカ(semiboze(半禿の)ブログ)