TRAVOY BURLEYサイクルトレーラーと輪行

TRAVOYサイクルトレーラー

熊谷から大宮まで4時間近くかけてサイクリングした帰りはさすがにくたびれて輪行します。そういう人間です。
【関連】BURLEYのTRAVOYサイクルトレーラーを開封して細部観察

自転車を輪行姿にするのに二十分ぐらいかかって荷造り完了します。もっと早く支度出来るといいですが20分ぐらいが限界でしょう。

ただ多少荷物が多くてもTRAVOY BURLEYサイクルトレーラーがあればどうってことないと思ってしまいます。

大宮まで自転車を漕いで走るのはさすがに疲れます。今回大宮まで走ったのはトレーラーの感触を味わうためです。

ただ帰りは輪行して電車で帰れるかと思うと随分気楽で、これなら大宮ぐらいならまた来てもイイかななんて思います。といいつつヘタレなので滅多に遠出はしませんが・・・

っていうか、脚がつらないようにもう少し普段から運動しておかないと行き倒れななってしまうかもしれませんな。
そろそろそういう状況も気をつけなければいけない年頃です。

追記

ほかの記事でも書いたかもしれませんが、このトレーラーはタイヤがスムーズに回転しますのでぜんぜん重く感じません。

多く荷物を載せているときの走り出しだけは重さを感じます。

当然ながら慣性が働いていますので重いものを動かすときは最初に多くの力を必要とするということです。

ただ、一度走り出せば惰性で引っ張っていけるので通常走行中の重さというものはほとんど感じないのです。

ちなみに止まるときは逆に後ろのトレーラーに押される感触があるかというとほとんどありません。

よほど重い荷物を引いていればわかりませんが、自分は今まで10km程度の荷物しか載せて走っていませんので、制動時のブレーキの効きの悪さについては感じません。