お金の節約方法のエッセンスについて

Money kariru couple man ちょっとしたお金の節約の話です。基本的に節約より浪費に走ってしまいがちですが、せめていくつかの仕組みだけは理解してほんの数%のオトクを手に入れようとは考えています。

その考えの結実したものを紹介しちゃいます。すでに実行している人は世の中にたくさんいると思いますのでいずれこのアイデアが多数派になったらきっとこれらのサービスも改悪の道をたどるかもしれません。

が、いまはまだそうでもないのでせっせと小銭を節約します。

Amazonでの買い物にLinePay利用で2%還元

AmazonといえばAmazonカードなんだが

Amazonのヘビーユーザーなら迷うこと無くAmazon Mastercardゴールドですよね。

これって年会費が10800円ではありますが、以下のテクニックを駆使することで極限的に年会費実質支払いを下げることができます。

  • 明細をWebにすることで-1080円
  • 今まで払ってたAmazonプライム料金が只になる-3900円
  • マイ・ペイすリボ登録すると-5400円
  • 年1回以上使うこと

マイ・ペイすリボというのは解説しているサイトがいろいろありますが、ざっくりした理解でいうとリボ払い登録ではあります。しかしリボ払いでの支払い額を利用限度額と同額にしてしまえば実際には分割払いは起こりませんから余計な金利は払うことはありません。

というわけで上記により実質420円の新たな出費だけでゴールドカードが持てるんです。

そもそもAmazonプライムなんて使ってる時点で節約してないだろっていうツッコミは無しでね。

ただ、まあ420円とはいえ新たに財布からお金が出ていくのはちょっとねえ・・・

しかもまた新しいクレジットカード作るのかよ?もう財布にカードがありすぎて嫌だわ!っていう人もいますよね。きっと。

そこで、クレジットカードじゃないけどクレジットカードみたいに使えるときもあるLinePayに目をつけたんです。

Amazonでの買い物にはLinePayを使おう(と思う)

まずAmazonで買いたい物が決まったら、LinePayでギフト券を買います。LinePayはプリペイド式マネーなのでその前にLinePayに所定の金融機関あるいはコンビニの窓口でチャージしておく必要はあります。

Amazonで欲しいものの価格に対してその端数切り上げをした額でギフト券を買います。その買ったギフト券でAmazonの買い物をします。

そうするとLinePayからの出金時に2%還元されます。なぜ端数切り上げでギフト券を買うかというと買い物時の端数(999円の99円など)が惜しいので900円の買い物だとしても1000円ギフト券を買うことで20円分の還元を得るとともに、その残りは次回のAmazonの買い物に取っておくことができます。

お金の流れとしては銀行残高→LinePay→Amazonギフト券⇒2%がLinePayに還元→再びLinePayとして使える

▼参考サイト

どのお店でもそうなんですが999円とか1980円とかちょっと端数が削られてるんですよね。カード決済で買うとこの端数分ポイントの付き方が変わってなんか損した気分。Amazonギフト券なら予めチャージして使う形となり端数が出ても次回に繰り越せます。 引用:LINE PayカードをAmazonで使う方法。端数の出ないギフト券で買うのがオススメ

【追記 2017/06/17】ちなみにヨドバシドットコムもLinePayで払えます。【追記ここまで】

モバイルSuicaへのチャージはLinePayから払おう

正直自分はまったく電車に乗る用事がないのですが、AppleWatchを使いたいがためにモバイルSuicaを使えるようにしています。
そのモバイルSuicaへは任意のクレジットカードからチャージできるのですが、特にポイント的にオトクなのはビックカメラSuicaと言われているのは知っています。
でもどうせ先程のAmazonでもLinePayを使うのだからこちらでも使えないだろうかと調べたら使えます。手順としては

  1. 銀行残高があること
  2. LinePayにチャージする
  3. 予めチャージする前にモバイルSuicaへのチャージ金融機関カードをLinePay(JCBカード扱い)にしておく(一度設定すればOK)
  4. モバイルSuicaのアプリでチャージする
  5. LinePayに2%が還元される
  6. 還元されたポイントは再びLinePayの一部として使える

ということで、電車特にSuicaを使う人はLinePayが有効です。
▼参考にしたサイト

モバイルSuicaチャージ分のポイントが付与されてました 引用:モバイルSuicaはLINEペイカードのポイント付与対象! 最強の組み合わせ完成

その他オンラインショッピングもLinePayいけるかも

沢田というお菓子屋さんでお中元を依頼しました。そのときもLinePay(JCBカード)で払えるかやってみたらちゃんと受け付けてくれました。これもいけますね。もちろん予めジャージはしておく必要があります。 LinePayでオンラインショッピング

固定資産税、自動車税、市民税の払いはnanacoで

家を持っている人は年4回の固定資産税、車を持っている人は年に一度自動車税、副業で稼ぎすぎちゃった人は会社の源泉徴収とは別に年4回の市民税を払わなければなりません。

それらをただ現金で払うのはもったいないです。どうせ払わなければならないとはいえ、少しでも戻りがある方法はないのでしょうか。ありました。

予めやっておく手順は以下のとおりです。

  1. 楽天カードJCBブランドを作っておく
  2. nanacoカードを作っておく(イトーヨーカドーとかで)
  3. nanacoのサイトで楽天カードからチャージするよう登録する

そして税金の支払い用紙が来たら、あるいはその支払い期日前になったら以下の手順を行います。

  1. nanacoのサイトでnanacoに楽天カードからチャージする
  2. セブンイレブンへnanacoカードと支払い用紙を持って行く
  3. レジでまずnanacoカードの残高確認をしてもらう
  4. 残高が更新されるのでおもむろに支払い用紙で払う

楽天カードJCBブランドはnanacoへのチャージでもポイント還元(1%)されます。

▼参考にしたサイト

nanacoチャージができる楽天カードは、楽天カード(JCB)のみとなります。 なお、nanacoチャージに楽天カードをご利用いただいた場合、100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントを「楽天カードご利用獲得ポイント」として付与いたします。 引用:楽天カードでnanacoにチャージできますか。 | 楽天カード:よくあるご質問

エネオスでガソリンを入れるときはENEOSカードSで条件により楽天カードで

ガソリン購入のときはENEOSカードSで請求時2円引きになる。
過去にこんな記事を書いたことがありました。

ガソリンを多く使う人にとってガソリン系のカードは得なのか
先日クレジットカードのことを書いた。エネオスカードで年会費のかからない(1年に1回以上使えば)というやつを使っているつもりがそうではない奴をなぜかつかまされて受け取っていていた。 【関連】年会費無料のカードのつもりがいつのまにか請求さ...

紆余曲折しましたが、現在まで漢方スタイルクラブカードを使い続けていました。還元率は下がりに下がって1.2%ぐらいまでいきそうです。

そこで1.5%ぐらいまでだったらだんぜんガソリンスタンド系のカードより得だったんですが、もはや請求時2円引きのほうがわかりやすいという判断をします。

つまりENEOSカードSは年に1度でも使えば年会費は無料になり、エネオスでのガソリン給油が請求時リッターあたり2円引きになるのでこれを使います。 漢方スタイルクラブカードはもうすぐReadersCardとかっていうのに勝手に切り替えられて還元率がダダ下がりなので辞めようかと考えています。ただしダダ下がりといってもENEOSの請求時2円引きといい勝負なところがカード会社の曲者なところなんですよ。

でもね、楽天持ってて、ENEOS持ってて、LinePay持っててさらにReadersCardも持つっていうと典型的な金銭感覚劣ってる人みたいに自分で思えてしまってちょっとメゲます。財布も厚くなるし。

【追記】あとでさらに調べてみたらENEOSスタンドで楽天ポイントがいつでも2倍なんです。

つまりガソリン単価が100円だったらENEOS Sカードで2円引き、楽天カードなら2%で2円引きと同等ということで、どちらも優劣ありません。しかしガソリンが100円を上回ったとしたら・・・

仮に150円だとしてもENEOSは相変わらず2円引き、楽天だと2%ポイントがつくと3円引きと同等です。

つまりガソリン単価がリッターあたり100円を下回らない限り楽天カードのほうが得であるということでした。

少しの期間とはいえ誤った情報を晒した自分が恥ずかし。

まとめ

以上のような節約方法で多少は還元される額が増えるかと思います。 ただし普段のお金を使う場所もちゃんと気をつけないと2%ぐらいの還元なんてすぐすっ飛びますよ。まず極力コンビニでは買い物をしないことが肝要です。 なぜってコンビニで売られているものはだいだいスーパーで売られている価格の数%増しですよ。 ペットボトル飲料や缶飲料は自販機よりは安いかなっていうくらいなものです。節約しようと思ったら第一歩はコンビニを利用しないライフスタイルに変えることです。