しまなみ海道近辺の等高線をgarmin用に作成

この記事は 約2 分で読めます。

garminのカーナビに等高線入れられました。
しかも広域地図の時は大雑把な等高線で、詳細地図のときに詳細な等高線が現れるようにできました。
以前に一度秩父のサイクリング用で秩父近辺を作ったのですが、使わないでいるとすっかり忘れてしまってました。今度はしまなみ海道を走る為に今治から尾道にかけて同じく等高線データをおしゃれに作りたいと思って再度国土地理院からデータをダウンロードして変換してみようとしましたが、巧くいきませんでした。


なんのことはない。やり方を忘れていただけなんですが、たまたまパソコン内のgarminデータフォルダにあったEXCELのファイルを開いてみたらどうやらこの中にマクロが仕込んであって地図の縮尺で表示させる等高線を変えるようにデータを変換していたのでした。
いまだによくこれで作れたなあと感心してしまいます。EXCELマクロの使い方は解ったけど結局コアな部分は今回も理解できないままです。まあいいか、つくれるなら・・・
というわけでしまなみ海道付近の等高線表示画面です。
しまなみ海道等高線これが今治市付近の広域図で赤い縞々が広域用等高線です。

しまなみ海道等高線そしてこれが瀬戸内海に出て最初の島である大島の詳細図です。等高線が細かくなっています。

だからなんなのって感じは「無きにしもあらず」ですが、やはり走る時多少高低差が解った方が「心
の準備」もできるってもんですからね。
作り方はアベル父さんという人のブログなどを参考にしましたが、最終的にはアベル父さんがつくったEXCELによる変換マクロを使って一発変換でこういう等高線がつくれるようになっただけです。
追記 2012/05/22
アベル父さんへのリンクを追記します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
モバイル
semiboze(半禿)をフォローする
SPONSORED LINK
チャリパカ(semiboze(半禿の)ブログ)