中山道69次30番塩尻宿

今回記録を残しておくのは中山道69次の30番塩尻宿。

とくに濃い情報を網羅しているわけではない。参考書籍をたよりにした自分の踏破記録としてブログに残しておく。

自分ちの近くの道が江戸と京都を結んでいるという歴史が面白い。

中山道69次の30番塩尻宿情報

基本情報

太平洋産の南塩と日本海産の北塩の終着点から塩尻の名がついたとのこと。バイパスができていない地域のため今でもこの宿場の旧中山道が主要交通路になっていて車の往来が激しい。

引用元:中山道69次を歩く – Amazon

本陣位置

▼明治15年の大火で消失し碑のみ。

高札場位置

▼高札場跡にはそれらしい高札が今でも設置してあってわかるのだが、車で走っているとうっかり見落としやすい。

無料駐車場位置

本陣跡地が空き地になっていたので無料で停めた。無料駐車場なのかどうか不明。

写真と簡単な内容

訪問日時

2021年8月12日 妻籠宿・馬籠宿と早朝から見て回り帰りがけにちょこっと寄った宿場。

前にも通ったときに認識はしていたがほぼノーマークだったためスルーしてしまっていたが、この日は無料駐車場に停めてややじっくり見て回った。といってもいくつか史跡が残っているだけで街そのものの風情はほとんど残っていない。

写真とコメント

▼高札場跡

中山道69次30番野尻宿

▼明治天皇行在所でもあった。中山道69次30番野尻宿

▼下の2枚は下諏訪宿との中間にある峠の塩尻峠茶屋本陣

上條家が一軒だけある。後に茶屋になった。中山道69次30番野尻宿 中山道69次30番野尻宿

▼本陣跡地が空き地になっているので駐車させてもらった。

中山道69次30番野尻宿

▼立派な宿場看板櫓(?)がある。

中山道69次30番野尻宿

▼脇本陣はなんとなく形が残っているように見えるが実際にはこちらも明治15年に消失していて塩尻駅開業後に駅弁事業を開業してその建物らしい。

中山道69次30番野尻宿

見損なったが次回行ったら見たい史跡

  • 朝日観音堂
    建設途中で彫刻家が事故死し十二支の彫刻が龍で終わっている。
  • 道祖神抱擁像
  • 三州街道碑
    道祖神抱擁像から京方へ少し進んだらあるらしい
  • 五千石街道碑
    同じく道祖神抱擁像から京方へ少し進んだらあるらしい
  • 柿沢一里塚
  • 堀内家住宅(国重文)
    堀内家住宅(塩尻市)
  • 小野家住宅(旅籠いてうや)国重文

参考にした資料

上記の他にもみどころいろいろ書かれている。

参考にした書籍
 
著者岸本豊氏の運営する中山道69次資料館についての記事はこちら
中山道69次資料館 追分宿すぐそば
中山道69次を巡るのが2021年のマイブームになっている。つまらない感染症が蔓延っているときは郊外をドライブしつつ楽しめる趣味がストレスにならなくて良いかもしれない。 そんな中山道69次について徹底的に調査して資料を集約してくれて...

マイマップ

タイトルとURLをコピーしました