必ずサイクリングに行くと決めたら行くための3つか4つの技術

この記事は 約5 分で読めます。
HeadacheHeadache / Lel4nd

本当はサイクリングに出かけようと思っていたのに朝起きられずに出かけられなかった経験はないでしょうか。

わたしはあります。数回ほど・・・

寝坊して遅い時間に目が覚め外を見ると雲ひとつない晴れ渡った青空を見て

「ああ、こんなにいい天気なのに惰眠を貪ってしまった。早く起きて出かけていればすばらしい体験ができただろうに(泣)」

と自責の念にかられたこともありました。

行くと決めたら行くための技術というか心得というものをまとめてみました。

スポンサーリンク

起きられなかった理由

なぜ起きてサイクリングに出かけることができなかったのでしょうか。

  • 眠い
  • 寒い
  • 行き先にイマイチ魅力を感じない
  • 輪行が面倒
  • クルマが多くて走りにくい
  • 気分が乗らない
  1. 眠いのは危険です。自転車を漕いでいて居眠りしたら事故になりかねません。前の日はなるべく早めに就寝して十分な睡眠を取ることは常識です。
  2. 寒いのは冬であれば当然です。もしどうしても寒いのが嫌であれば潔く冬は自転車に乗ることを諦めるべきです。かくいう私も諦めようか迷っているところです。
  3. 行き先にイマイチ魅力を感じないということは、行き先は無限にあるのだから、なにもそこにいく必要はないということです。魅力を感じる行き先を本やネットを見て精力的に探しましょう。それこそ無限に楽しいところはあるはずです。
  4. 輪行が面倒という理由はちょっと私も思い当たります。折りたたみ自転車であれば輪行はそれほど苦にならずに数分あるいは数秒で片付いてしまう作業でしょうけれど、ロードバイクやクロスバイクとなるとタイヤを外しの、エンド金具を付けの、もっと行くとハンドルを抜くなどと作業は煩雑です。輪行?自転車もって電車に乗るのは面白いんだけどあの袋詰めの作業がちょっとねえ・・・となることもあります。
    こうしてみたらどうでしょうか。折りたたみ自転車を買うという目標を立てる。あと何回出かけたら、或いはあと何キロ走ったら折りたたみ自転車を買おうなど。
    ただし折りたたみ自転車はクロスバイクやロードバイクほど爽快なスピードは出せないのではないですか?持っていないので本当のところはわからないのですが、携帯性の良さはスピードを犠牲にしていませんでしょうか。何を優先させるかは人それぞれですから買う前によく吟味しましょう。
  5. クルマが多くて走りにくいという障害は日本の自転車乗りなら誰でも感じたことはあると思います。自転車で公道を走っているとあまりにも自動車が多くて、この国は自転車の数より自動車の方が多いのではないだろうかと思ってしまうほどです。しかしこれはどうしようもありません。なるべく自動車の走らない道を自分で開拓するなり自転車で走りやすい道を紹介しているサイトなどを見て研究するしか方法がないのではないか・・・
  6. 気分が乗らないときは別のことをしましょう。別に走りたくて走りたくてどうにも我慢できなくなるまで走らなくても良いのでは?
Woman on a bicycleWoman on a bicycle / pedrosimoes7

ではきちんと早起きして出かけられるようなテクニックを披露します。

1.電車の指定席を買う

これは遠くへ出かけるつもりでないとなかなか実現は困難ですが、有効な手段だとおもいます。
行きでも帰りでもいいから電車の指定席を買ってしまえばその日はその切符を使わなければお金が無駄になってしましますのでなんとしても出かけることができるでしょう。

っていうか指定席買って出かけるぐらい遠いところならそんなに悩まずともワクワクして出かけられるのではないかなと思います。

「指定席買っちゃったから仕方ない行くか」みたいなシチュエーションは逆に想像しずらいですね。

2.誰かと出かける約束をする

これは同じサイクリングの趣味の人が周りにいればかなり有効でお互いにモティベーションを維持する手段となります。

私の場合、残念ながら周りにサイクリングが趣味という友人がおらず、どこかのサークルに所属しているわけでもないのでこの手段は目下のところ使う予定はありません。

一人サイクリングにはまりそうな友人はいますが、膝を故障したらしくいつでかけれらるかまだ未定です。しかしいずれ一緒にサイクリングに出かける機会はできると思います。

20110809 14 Woman on Bicycle20110809 14 Woman on Bicycle / davidwilson1949

3.誰かを訪問する約束を絡ませる

これは先ほどの誰かと出かける約束に似ていますが、こちらの場合自転車乗りの友人かどうかは関係ありません。
手ごろな場所に住んでいる知人友人に会いに行くという約束をしてしまうことで逃げ場をなくします。

会いに行くと言って行かなければ信用をなくしますのでちゃんと朝早く起きてサイクリングに出かけるモティベーションとしては大変有効な方法だと思います。

さらにいえば、その手ごろな場所に住んでいる知人友人への手土産を生もの系で買ってしまいます。生ものであればなんとしても渡さなければならずスタートする原動力になるでしょう。

Orangerie stands for freeOrangerie stands for free / LaPrimaDonna

4.ブログやツイッターなどで宣言してしまう

まあ、読者やフォロワーがいればの話ですが、これもまた一つの手段になるとおもいます。

あるいはブログのネタに困ってきたらネタ作りのために出かけるとかね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
分類できない話
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)