外出には予備電池が欠かせない

外出には予備電池が欠かせない

電池ケース
自転車で出かけるときはもちろん普段なにげなく出かけるときも最近はモバイルツールをたくさん持っているのバッテリーが切れたときのことを考えると予備の電池は欠かせなくなってきました。
特に今年(2011年)は節電が叫ばれているので電池の売れ行きや充電式電池の売れ行きが良かったと思いますが、私の場合1年以上前からエネループを携帯しています。

スポンサーリンク

いつも持ち歩いているモバイル機器としてはWimaxルータ、携帯電話、ポータブルナビ、iPod touchでして、そいつらが電池切れになったときのために予備の電池を8本程度はかばんに常備しています。

これだけで1kgの目方があり結構しんどかったりしますが、いまどきのデジタル社会ではこういうものを持っていないと世の中の流れについて行けない気がしています。(自分で勝手に思っているだけです)
しかしこのエネループという充電式の電池はよいです。

モバイルツール

買ってすぐ使えるのはまあ良いとして放っておいても自然放電(勝手に中身がなくなってしまうこと)が少ないので安心です。
以前持っていたパ○ソニックの充電式電池はだめでした。
当時はそれしかメジャーな充電式がなかったので今と同様に何個も買って持っていましたがいざ使おうというときにほとんど中身が残っていなくてガッカリしたことが何度あったことか・・・

そこへいくとこのエネループはかばんにたくさん入れていても重いのを我慢するだけでいざというとき困りません。

しかし実際外出中にそんなに予備のバッテリーを使う機会はあるのでしょうか。
これは自分の体験からですが、一番バッテリーの持ちが悪い機器はポータブルナビでした。
こいつを使っていると通常4時間以内にバッテリーが切れます。
一人でサイクリングをしていてずっとナビをつけているのでこれが使えなくなると非常に困ります。
iPodや携帯電話より困るかもしれません。
逆にiPodはバッテリー残が少ないよって警告が画面に出てから意外と持ちます。
だからそんなに気にしなくて大丈夫なのです。
さらに携帯電話の場合、自分は専用バッテリーの予備をあと3個持っているのでこのエネループで充電する機会はいまのところありません。
なぜそんなに持っているかというと家族が同じ携帯電話を使っていて、そのうち解約して結局自分がバッテリーだけもらったという仕掛けです。
あと、最近年契約したWiMaxはバッテリーの持ちのよいルータを使ってます。
最長8時間ですが、節電しようと思ったら満タン充電しないほうがいいらしいです。なぜかしら?
まあ、これらを常に携帯して外出していれば大抵のことはできます。
ちなみに通販大好きな自分ですが、これらのうち通販で手に入れたのはiPodとWimaxだけです。
あとはお店で買っちゃいました。
欲しいとなると通販で何日か待つのが我慢できなかったりするのでそこが今後の課題ですね。(意味不明ご容赦下さい)

他の会社だと月額がどうしても3880円を下回らないのですが、Niftyの場合3591円/月で利用できるので得だと考えて契約しました。
他に安いものはあります(例えば価格コム経由とか)がキャッシュバックが余りにも遠い先の話でちょっと不安だったのでキャッシュバックは少ないけれど月額の安いNifty WiMAXにしました。

スポンサーリンク

このブログをフォローする