館林市はよく日本一暑いとニュースで出ますがどんな観測施設なのかについて

この記事は 約3 分で読めます。
スポンサーリンク

まとめ

いやあ、参りました。(呆)

熊谷の方が正当な図り方をしていて絶対暑いだろうと思っていましたが、館林市の計測施設はかなりハイテクで思慮深く設計された施設でした。

以下は熊谷市の気象台の温度計が写っているサイトへのリンクです。

かなり解放的なところにあるものの、芝生からの照り返しにより実際より計測温度が上がるのではないかと思います。いや間違いない。

くまがやねっと 特集 熊谷人物伝

一方、館林市の温度計は、まず地面が芝生ではなく人工的な創造物であるので芝生などによる余分な水蒸気の上昇の影響や照り返しの影響を受けにくく、客観的な温度が計測できるのではないでしょうか。(皮肉)

また、周りを自動車、鉄のフェンス、植え込み、防風林などで囲ってあり、風の影響をほとんど受けない客観的に純粋な温度計測が行えると考えられます。(嫌味)

さて、これを読んだあなたは、客観的に見てここの気温が客観的に計測ができていると考えますか?

ご感想をツイートするなりコメント書くなりしてみてください。

ぼくは素人ですがこの館林市の観測施設は空気の流れが滞って温度が実際以上に高くなるのではないかと思いました。贔屓目に見なくても熊谷のほうが客観性に優れていると思いました。

館林市の方々も熊谷市民ほどではないにしても暑さで苦しんでいるのは間違いありません。このような客観性に欠けた設備で計測していて不公正と指摘されるよりはもっと客観性を向上させた施設を建設することをオススメします。そして文句なしの40度や45度の気温を叩きだして堂々と1位になって欲しいです。そのときは熊谷市は謹んで1位の座をお譲りします。

▼実際に行って見てみようと思う方はこちらを参考にお出かけください。

大きな地図で見る

ワシは(どうせなら)熊谷に(はちゃんとした気象台があるし実際物凄く暑くて苦しんでいるので)1位になって欲しいです。

追記:熊谷の気象台みてきた記事はこちら。
熊谷気象台の気温観測施設を見てきたが、だだっ広くてどこで測ってるんだって感じ

観測施設について久しぶりですが追記2015年

夏になると毎日のように明日の予想気温は熊谷で○度になるでしょうという旨の放送が各局からされます。
毎日ほぼ館林がトップなのになぜ毎日熊谷の予想気温ばかりが取り上げられるのか不思議に思いませんか?

それは熊谷市の気象観測施設がまともであるということの証明でもあります。
まともな気象観測施設なので未来の予想もできるのです。

おもちゃでは予想できません。
もっともジャズの神様チャーリー・パーカーはトロントのマッセイホールでおもちゃのサックスで伝説的なプレーをしたと言われています。
おもちゃでも神様が使えば神器となる例です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
埼玉県北部情報
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)