高速道路料金所でETC搭載なのに長蛇で並んでいるとき速やかに通過できるかもしれないテクニック

この記事は 約2 分で読めます。

IMG_0519

厳密にはお盆前でしたが、混雑を避けるため早目のお墓参りに出掛けてきました。
ちょっとした旅行です。

まず早朝自宅から関越自動車道に乗り榛名山の某墓地へ行きすぐ、また関越自動車道に乗り浅草の某寺へお参りします。

榛名山のほうは私の家の祖先の墓地があり、浅草には嫁の家の墓地があります。ここ数年は一日で一気に両方お参りしています。

ところで、高速道路が帰省のクルマで渋滞しています。幸い我が家の移動ではほとんど渋滞にハマらなかったのでイライラする事もありませんでしたが、対向車線はしょっちゅうクルマが数珠繋ぎになっていて大変そうでした。

渋滞だといくらスムーズに通れるはずのETCの料金所でもノンストップ・ノンストレスで通るのは厳しいときがありますよね。出口でETCのレーンが混んでいて、逆に集金係に直接払うレーンのほうがガラガラという光景をときどき見かけます。そういうときは昔ながらの集金係の人のいる窓口のほうのレーンでカードを渡してチェックアウトできるんですよ。

もちろんETC通過で高速道路に入っていることが条件ですよ。

ちゃんとカードに記録が残っているらしく窓口でETCのカードを渡せばそのときのETC割引適用で処理してもらえます。

あまりにもETCレーンが混んでいて一般窓口がガラガラだったらこの手を使ったほうが早く出られるかも。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自動車ソフト
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)