油断禁物!手遅れで世界に晒される前に草むしりをしておくべし

slooProImg_20130516193552.png
googleストリートビューという便利なものがあります。旅行へ行こうと思った時、目的地の様子を予め行ったかのようにシュミレーションすることもできます。そんなべんりなgoogleストリートビューですが、気まぐれにあるものをみたときに愕然とすることがないようこの場で注意喚起しておきたいと思います。

google mapsの新機能について

その新機能を堪能する前に確認しておかなければならない重大事項がありますのでご報告します。

やばいです。
うちの近所に掘り出しもののカフェなんてないかなあ??なんてgoogle map見ながら探していたら、なにかのマウス操作かキー操作かわかりませんが、偶然にもストリートビューを映し出しました。

あらあら便利、うちのそばの道路まで見られるなんて!
なんて感心しながら数十秒は近所の道路の往来に見入っていました。

でもgoogleがこんな町はずれまで来るなんて、いったいどこまで道路の調査が進んでいるのかなあ?って疑問に思いましたよ。

やけにうちの近所の道まで表示するなあ・・・なんてぼんやり考えていたんです。

そこでふっと思い立ってまさかうちの近所ではどれくらいまで来ているのか気になって見てみたらあらびっくり、うちも表示されちゃってますよ。

しっかり家の前の雑草まで写されちゃってあらやだ恥ずかしい。

myhome

田舎だから一生Google ストリートビューになんて表示される機会はないだろうと侮っていたらさっさと晒されてしまってます。

あなたもまだ自宅がストリートビューで表示されていないからといって油断は禁物ですよ。
いつGoogleの激写カーが通るかわかりません。
激写カーじゃなくて自転車で通るといううわさもあります。

家の前の雑草や不要なガラクタは始末していつでもキレイな写真を撮ってもらえるように準備しておいたほうが良いと思います。

ただ光栄といえば光栄ですが、あまり気持ちのよいものでもありませんねえ。

まさか自分の家がだれでも見られるところに晒されていると判ったら次に思いつくのは・・・

やっぱり別れた元カノの家を探しますか?それともこれからモーションかけようと狙っている女の子の家ですか?

まあそれは冗談だったり半分本気だったりもしますが、ともかく恐るべしグーグルです。

こんな場末の土地までその手を伸ばしていたとは。

だけどこんな場末の写真の情報を誰が必要とするのでしょうか。
こんなことなら家の前の雑草をこまめに刈っておくんだった・・・と後悔することしきりです。

田舎のストリートを撮影するより、都会のストリートに面しているお店の中とかを今度は撮影してもらってもいいのではないでしょうか。

賛否両論はあるでしょうけど。
Google ストリートビュー – Wikipedia

ストリートビューのプライバシー問題に関してCNNのテレビ番組のインタビューでGoogleのエリック・シュミットCEOが、「ストリートビューに自宅が写っているのが嫌なら、引っ越せばいい」と発言
Google ストリートビュー – Wikipedia

まあこのようにグーグルの中の偉い人はおっしゃっておられますから写されてしまうのは仕方ありませんね。

この記事はこのアプリを使って編集しました
するぷろ for iOS(ブログエディタ) – Gachatech