ヘルメットについて考えてみた

この記事は 約4 分で読めます。

自転車のヘルメット

ヘルメットって着ける?着けない?

サイクリングに出掛けてすれ違うサイクリストの方々の半数はヘルメットを着用していません。傾向としてはロードバイクに乗っている人は大部分が着用していてクロスバイクやその他の自転車に乗っている人は非着用が大半であるような印象です。

自動二輪と違い今は特に法律などで着用を義務付けられているわけではないので着用していない人も多いですが、私は常にとは考えませんが着用するべきだと思います。

着けない理由 着ける理由

着用しない人々の理由はいろいろあるようです。

  • 格好悪い
  • 蒸れて不快
  • 重くて不快

自転車から降りたとき荷物になるか盗難防止をしなければならず厄介
経済的にヘルメットまで買えない
ただ一番の理由は格好悪いからというのが多いのではないでしょうか。

では着用したほうが良いという理由を挙げてみましょう。

  • 転倒時などの安全確保
  • 他の人が安心する

メリットといえばこんなもんですかね。

私の使い分け

The sexiest bicycle man in town, surrounded by trafficThe sexiest bicycle man in town, surrounded by traffic / Ed Yourdon

私は近所への買い物にはヘルメットはまず被らず出掛けます。その場合スピードもほとんど出しません(スピード出せない自転車ということもあります)。でもサイクリングや通勤に出るきはビンディングシューズを履いて行くので絶対ヘルメットは着用します。

自分の中でビンディングシューズとヘルメットは100%セットです。ただしシューズは普通の靴だけどヘルメットは着用ということはありえます。逆はありえません。なにしろペダルから足が離れなくて立ちゴケを絶対しない自信はいまだにありませんので・・・

答えは既に決まっている

はっきりいってしまってヘルメットはウザイです。被らずに済めば一番世話ないと思います。
着用した方が良い理由の1番の自分の安全を守るということはもちろん個の利益を追求していますが、2番目の他の人が安心するということの方がより深い意味があると思います。

なぜか。

自転車に乗っている人は様々です。自動車に乗るには教習所に通うなりして免許の取得が条件になりますから相応の技術レベルを持ち合わせています。もちろん中には異常者もいることはありますが。
自転車は地域によって違いがあるにしろある一定年齢に達したら誰でも乗って公道を走ってよい乗り物です。危険思想とはいわないまでも誰が後ろから或いは前から自転車で突っ込んでくるかわかりません。でもヘルメットを被っている自転車乗りなら自転車を乗るときの意識が違うという捕らえ方ができるのではないでしょうか。
そういった意味で自動車ドライバーにとっても周りの歩行者にとってもヘルメットを被っている自転車乗りは安全に配慮している人として安心できると思います。これって結構影響が大きいのではないでしょうか。
そういう自転車乗りが増えれば自転車による事故が減らせるかもしれないし、自動二輪のように義務化される可能性も減ると思います。

自動車はハイブリッドなどの電気化して音が静かになる傾向です。背後から来る自動車に気づかず方向転換して接触するという事故が今後増えないとも限りません。そうならないために、またそうなってしまったときの安全確保のためにも着用はしたほうがよいでしょうね。

そうはいってもあんなの被って乗るのはねえ・・・

Benoordenhoutseweg Den HaagBenoordenhoutseweg Den Haag / FaceMePLS

ヘルメットは被ったほうがいいとは思うけどやっぱりダサい、格好わるい、重い、蒸れるなどの障害はなくなるわけではありません。
でもヘルメットにもいろいろあります。
安いとそれなりに重かったり蒸れやすかったりはあるかもしれませんが、ちょっと金額を足せば改善されたものを見つけられるでしょう。
私の場合ただ安全と安さだけを重視して買ったものを使っていますがまったく不満はありません。もちろんもっと高級なヘルメットを知らないからだけということでもあります。
常に被って乗ることを推奨しませんが、ここ一番で気合を入れて走るときは絶対被るべきであると強く主張します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自転車ソフト系
semiboze(半禿)をフォローする
SPONSORED LINK
チャリパカ(semiboze(半禿の)ブログ)