庭の草むしりを終えて思うのは「庭に何か植えて楽しめるのは時間と金に余裕のあるセレブだけだ」

庭の草むしりを終えて思うのは「庭に何か植えて楽しめるのは時間と金に余裕のあるセレブだけだ」

汚い庭
庭が汚いです。
猫の額程度の広さですが、地面を持っているとそれなりにメンテしないと草ぼうぼうになりみすぼらしいです。

以前はブログを書く趣味もなく、自動車をいじる趣味のついでに草むしりも1年に1度ぐらいはしたものですが、ここ数年やってませんでした。

ブログを嗜むようになってからパソコンに向かう時間が圧倒的に増え、庭で草と戯れるなどということは「時間の無駄」と本能的に感じていたのです。

しかしあまりにも汚い庭だと防犯上もよろしくないので久しぶりに草をむしってキレイにしましょう。

ほんの1年ちょっと前に草むしりして妙なことを考えてました。

https://jitenshatoryokou.com/survive-in-your-life-13786.html

スポンサーリンク

庭の草むしりをする前後

草むしりする前

ローズマリーというハーブらしいですが、恐ろしいほど生えてしまってます。
売られているのを煎じて飲むのは好きですが、生えているのは厄介です。
汚い庭

▼ツルは長くで丈夫だわ、花は細かくて散るはで手がつけられない状況です。
汚い庭

▼何年か前の夏にはゴーヤーを植えて緑のカーテンにしようとした名残のプランターです。
植えて生え始めは楽しいですが、命の定めが終わって亡骸になったゴーヤーの残骸を片付けるのも厄介です。あちこちにツルを巻きつけていて除去に手間がかかります。
汚い庭

▼かつてはここにバラを植えていたこともありましたが、今はその根の一部だけ残っていたでしょうか。根が強くて完全には根絶やしにできません。
バラを根絶やしにするなんて贅沢すぎるだろって思いますか?バラは手入れが大変で自分で手入れするのは非常に困難です。
誰かを雇って手入れをしてもらうか、あるいは自分が誰かに雇われてバラの手入れ専門で生きていくかどちらかしかありません。

それくらい人を選ぶ花です。薔薇というやつは。
汚い庭

▼庭の隅にはもはや使わなくなったスキーのポールが雑草の伸びる足がかりと化しています。
草むしり

草むしり後

▼なんとか取れるだけ取りましたが、まだ目障りなツルがあります。
でも無理。
草むしり後

▼足元の余分な雑草を取るのがなかなか大変なんです。
草むしり後
▼レンガの間から生えている雑草の根を刈るのにこういう道具使いました。ちなみにこのレンガ畳は自分で敷きました。
B001Y4Z8RG

プロじゃないのでかなり曲がった状態で敷かれています。水平状態も凸凹ですが二度と直すこともないかと思うと文字通り一生の不覚がここに1つあります。

▼まあなんとなく片付いたけどあまり近くで見ると全然ダメって気がするので適当なところで妥協するしかありません。
草むしり後

▼刈り取った雑草はゴミ袋に詰めてゴミの日に出さなければならないのです。
自分が育てたわけではなく、勝手に生えてくる雑草をなぜかぼくが捨てるという一見不条理にも思える行為を受け入れないと家が大変なことになります。受け入れましょう。
草むしり後

今日の吉田哲也はこう思ったよ

庭を持つものの悩みではありますが、ちょっと小綺麗になったからといって僅かな期間しかもちません。

半年もすれば雑草でまたいっぱいになります。

束の間のキレイな庭を楽しみますが、何か植えるのは恐怖でしかありませんw

スポンサーリンク

このブログをフォローする