松江での締めに相応しい落ち着いたカフェ「クーランデエール」

松江クーランデエール
松江での一日ぶらり旅も大詰めに来ております。
午前中は松江城、小泉八雲記念館、小泉八雲旧宅、武家屋敷跡と回ってかなり足がくたびれておりますので午後はまったりと数カ所のカフェで過ごすのが一番です。
そんななかで、松江駅から徒歩で2〜3分、宿泊したホテルからも徒歩1分足らずのところにあったカフェグランデエールが物凄くオススメです。


松江に来てもやっぱりグッカフェを探し歩いてしまう吉田哲也です。

このお店は外観からもなんとなく良さそうに見えていたので「いいんじゃないか」と思っていたのです。
ただ、開店時間が遅いです。午後1時から23時までです。

4時半すぎに入店しましたが、ちょうど空いている時間だったのか先客は上品そうな女子二人組でした。

BGMは最初ピアノのクラシックが流れていてジャズの次に落ち着ける音楽だと思います。
店内のインテリアも落ち着いていて、長居したくなるような雰囲気を醸し出しています。

もう少し暗めでもいいと思うんですけどね。

特筆すべきはウェイターのお兄ちゃんが長身でイケメンなのです。
時折ケーキだけ買いにきたお客さんと愛想よく談笑していました。

人当たりがよくオバサンのお客さんの心をワシヅカミしているかもしれません。

ちなみにわたくし男色の趣味はまったくありません。ないつもりです。
松江クーランデエール店内

壁は白く、テーブルは黒く、椅子は籐家具みたいに背もたれが編んであってこれまた落ち着きがあります。
こんなに空いているのが実に不思議です。

女将がちょっとイイ感じの「おやつさろん」もそうでしたが、皆お店が空いているのがもったいないです。みんないい店なのに。
松江クーランデエール店内

入口を入ってすぐにケーキのショーケースがあり、ケーキセットを頼むときは自分でそこから見て選ぶのです。
6種類ぐらいありまして、380円ぐらいから650円ぐらいまでの価格帯でした。
松江クーランデエール店内

わたくしはチョコレートケーキをチョイスしました。
コーヒーを苦めにしたのでケーキは逆に甘めがよいと判断したのです。
380円で安かったので良かったです。
松江クーランデエールのケーキ

メニューをすぐ持っていかれてしまいましたので正確にはなんというコーヒーかわかりませんが、超絶苦いです。

長身でイケメンのウエイターに会いたいか、苦い珈琲が飲みたかったら是非ここのクーランデエールはおススメしたいと思います。
あの吉祥寺のくぐつ草のストロングより苦いのではないかと思います。

ところでこの珈琲カップはカフェグレコのブランドです。

コーヒーもカフェグレコのものだったのでしょうか。聞き損ないました。今度行ったら聞いてみましょう。

松江クーランデエールのコーヒー

一休みするには最適なカフェなのですが、駅近なので自転車を置いておくところがほとんどありません。
建物のすぐ脇のビルとビルの隙間に無理やり止めさせてもらいました。

立ち寄りの際は自転車の置き場に気をつけてくださいね。

Ranking カフェ | 松江駅

追伸

女性客が帰って客がワシ一人になったところで、なぜかBGMがジャズに変わりました。

それも大好きなBILL EVANSのWaltz for Debbyのアルバムがかかり始めたのです。
物凄くテンションが上がりましたが、そろそろお店を出て帰る支度をしなければならない時間になってきたので、後ろ髪を引かれるように店を後にしました。

追々伸

松江に来て文化施設を回ったり、カフェを巡ったりして充実した時間を過ごすことができましたが、やはり去る時は物悲しい気分になってしまいますね。

ただ思ったのは意外にも松江市というところは街全体が城下町風になっていて景観が綺麗に維持されている気がしました。

こんなに散策していて気分がよい町は久しぶりかもしれません。

山陰の人たちも皆当たりが優しい感じでした。

また来たい町です。

この記事はこのアプリを使って編集しました
するぷろ for iOS(ブログエディタ) – Gachatech