娘が修学旅行へ行ってきて買ってきた土産

この記事は 約3 分で読めます。

石垣島ラー油

 

先日高校二年の娘が沖縄に修学旅行に行ってきました。

いまどきは沖縄に修学旅行に行くんですね。我々の頃は京都・奈良・広島・山口が定番でしたがこれまた隔世の感があります。

娘がお土産で石垣島ラー油というのを買ってきました。

生産量と販売量の少なさから幻のラー油と呼ばれているそうじゃないですか。

しかも価格が結構しますね。
1個1200円だったそうです。

ちなみに通販で調べたら少し安いくらいの値段で売ってます。

ただし送料を加算する必要があります。
幻とはいってもいつも売られているようでちょっと微妙な気持ちになります・・・

 

さて、肝心のお味はどうだったか。
ごはんにそのままかけて食べるタイプのラー油があるじゃない?やっぱりそのままごはんにかけて「良いのかしら」と思い使い方を読んでみるとそのような記述はありません。

確かに瓶の中を見るとゴマは目立ちますが、他に固体は一見何も入っていないように見えます。これではご飯にかけても歯ごたえが無いでしょう。
すでにおなじみですが、桃屋などはにんにくがたっぷりはいっていますのでそのまま食べられます。

ではその日の晩御飯のおかずが鮭のムニエルだったのでそれにかけて食べてみることにしました。
超絶美味かったです。

あまりにも美味すぎてかけたところの写真を撮るのを忘れました。
言葉だけになってしまいますが、辛過ぎずほどよい風味で実に鮭が美味しくなりました。

子どもは魚が嫌いなので修学旅行に行ってきた次女のを半分、風邪を引いている長男のを半分それぞれもらって食べてしまうほど美味しかったですよ。

一度ご賞味あれ。
いまは幻かどうか微妙ですが・・・
沖縄ガラス工房
森のガラス館での自作のグラスともらってきたというコースター