熊谷の喫茶ラディッシュはアットホームな昔風の洋食屋さんカフェ

熊谷駅北喫茶ラディッシュ
県立図書館に自習に来たついでに近くの食べ物を食べさせてくれるお店を探訪してみます。熊谷駅から数キロ程度離れるだけでお店は数えるほどしかありませんので迷いません。

熊谷駅から伸びている埼玉博通りと北大通りの交差点の角地にあるラディッシュというお店で食べてみました。

このお店の前の交差点は仕事でも時々通るのはもちろん市内の駅チカなので前々から存在は知っていました。ただ入りにくかっただけです。ただし食べログ等の評判を読んでも悪くなさそうなのです。

機会があったら寄ってみたいと思っていたのでついに一つ成し遂げました。

メニューは二種のみでコストカットしている様子です。
熊谷とはいえここは駅から約1km程度のまだ一等地。地価は安くはないだろうに800円とは努力している感が読み取れます。
ランチタイムだったとはいえけっこう客が入りました。
もっとも皆顔見知りっぽいw
どういうところからくる客なんだろう?
観光地ではないのでよそ者は滅多に来ないと思われます。ぼくもよそ者。
おしぼりもちゃんと出るし水も悪くないのです。

では詳細です。

外観

店内が全然見えないので一見さんとしては入りにくさを感じます。
ただ、冒頭写真に見られる入り口外にある黒板の文字から血の通った人間が毎日書き換えているのがわかります。
ラディッシュ外観

店内

テーブルは6卓ぐらい。決して広くはないです。ちょっと休憩するにはまあこれくらいでもいいだろうと思いますが、長時間休憩するならこの狭さでは目立ってしまいますね。
ラディッシュ店内

メニュー

マジで黒板に書かれた日替わりメニューだけっぽいんです。
席に座って待っていたら「どちらにしますか?」みたいな感じで尋ねられました。
そんなにたくさんメニューを広げないのが安定経営のコツかもね。

食べもの

▼これに飲み物付きで800円とは恐れ入るコスパでしょ。
豚生姜焼き、ライス味噌汁、お新香、デザート。
定食屋さんで食う生姜焼きはうまいなあと毎度思います。
ごはんも炊きたて感あふれて久しぶりにうまい米を食った気がします。
ラディッシュの豚生姜焼き定食

▼ホットコーヒーはブラック派ですがアイスコーヒーはミルクもガムシロップも入れてコーヒー牛乳みたいに飲む派です。
ラディッシュ

おこがましくも総評

▼おしぼりちゃんと出るし、水の味も悪くないんです。
この手の御店ってお水にはあまり気を使っていないことが多いかなあって個人的には思ってましたから。
ラディッシュ

常連さんが何人もお客で来ていました。常連さんで持っているお店でしょう。でも一見だからって居心地の悪さを感じることはありません。なぜなら客層が結構ご年配だからかなwww

BGMはなくテレビがかかっていました。そこんところが洋食屋さんって雰囲気を出しているのかもしれません。まあ切り盛りしているママさんと厨房にいるオバサンがまめまめしく働いていました。いつまでも続いて欲しいと思わせる微笑ましいお店かなと感じました。

チェックポイント

  • 外観:一見入りにくい喫茶店
  • 店内:ありふれた洋食屋さん
  • 雰囲気:昭和風
  • BGM:テレビの音w
  • 駐車場:3台ぐらいだったら
  • 駐輪場:駐車場の隅か店の前
  • 漢一人:オーケー
  • コーヒーの味:普通
  • トイレ:不明
  • 分煙:全面喫煙可注意
  • 特記事項:

店舗情報

ラディッシュ(熊谷/カフェ・スイーツ) | ホットペッパーグルメ
ラディッシュ – 熊谷/喫茶店 [食べログ]
一部 するぷろ for iOS(ブログエディタ) – Gachatechで編集しました。