関越道上り星の王子さまパーキングエリアへ裏から入ってみた

この記事は 約3 分で読めます。

20140726 寄居PA星の王子さま
関越自動車道上りの寄居パーキングエリアは別名「星の王子さまパーキングエリア」と呼ばれています。
星の王子さまといえばサンテジュジュペリが書いた童話で、世界中で知らない人がいないほど有名です。
ただ僕はマンガで読んだことはありますが、原作をまともに読んだことがありません。ですからウワバミがどうとか書いてあってもあまり実感がわかりません。
やはり古典は読んでおくべきでしょう!
ハリーポッターも何十年と経ったら古典として扱われるようになるのでしょうか?

それはさておき以前にちょっとだけ立ち寄ったことがあったのですが、時間がなくて10分もいないで立ち去ったことがあります。
しかしそのとき外から、つまり高速道路外からも入れるということは確認してあったので、天気の良い日に自転車で参上です。

どんな様子かじっくり見てみたいと思います。
まず冒頭の写真は外から捉えた星の王子さまパーキングエリアの風景です。
こんな写真は滅多に撮れません。

スポンサーリンク

寄居PA星の王子さま入り口

外を大回りして入り口に向かうとだんだんパーキングエリアの全貌が見えてきました。
朝の早い時間だったせいもあり自動車はかなり少なめです。
20140726 寄居PA星の王子さま

場所はここなんです。
公式サイト:寄居 星の王子さまPA オフィシャルウェブサイト

▼裏からの入り口付近です。
なんとなく雑然とした雰囲気ですが、表舞台は華やかでも裏方は地味というのはどこでもあるはなしですから特に違和感を感じるものでもありません。
20140726 寄居PA星の王子さま

▼はい、このように入り口があります。
入退場できる時間は朝の9時から夜の8時までのようです。とはいっても監視がいるわけでもなく鍵がかかっているわけでも無かったので8時55分に入ってしまいました。
20140726 寄居PA星の王子さま

▼ということで特殊な入り口から入った景観です。
うーん空いてる。
これはお店も期待できますかね。
20140726 寄居PA星の王子さま

におい注意の看板

田舎ならではの看板も整備されております。
近隣に畑や養鶏場・酪農場・堆肥処理場がございますとのことです。
ええ、ええわかりますよ。
そいういった空間を息を止めながら走り抜けてここまで来たのですから。
でもこの日は幸いそんなに激しくにおいませんでした。ごくごく普通の空気だったです。
20140726 寄居PA星の王子さま

▼PAの端に行ってみるとこのようなイングリッシュガーデンぽいものがあります。
そういえばここと似た空間があそこにもありましたねえ。思い出します。
道の駅と併設されてる花園フォレストはお城みたいというより…
緑のアーチもあってちょっとファンタスティックです。
20140726 寄居PA星の王子さま

▼アーチを抜けてももう少し園は続きます。
20140726 寄居PA星の王子さま

▼しかしもう少し進むとそこはもう高速道路の世界です。
当然ですね。
数メートル先は死と隣り合わせの世界ですよ。
20140726 寄居PA星の王子さま

▼PAの突端から全体を眺めた様子です。
やはり空いています。
午前中は狙い目ですよ。
20140726 寄居PA星の王子さま

今日の吉田哲也はこう思ったよ

真夏にパーキングエリアを目指して自転車を漕ぐのは危険ですからあまり長時間炎天下で自転車を漕がない方がよいでしょう。
文章の閃きも心無しか冴えない気がします。

ということで一軒お店に入ってみたレポートを別記事で公開したいと思います。
裏口からパーキングエリアに入れるということで、お店で飲食だけしたい近隣の方には非常にありがたい仕組みだと思いました。

ただ外の駐車場は2〜3台分しかありませんのでご注意ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
埼玉県北部情報
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)