deuter(ドイター) 自転車用バッグ フロント トライアングルバッグ到着記録

8月2日にdeuter(ドイター) 自転車用バッグ フロント トライアングルバッグが届きました。
迷って迷って買いました。
例によって袋から紹介します。
ドイター入荷
今回は福山通運の袋に入ったものを佐川急便が届けてくれました。
Amazonマーケットプレイスのごっつ株式会社です。
このごっつ株式会社からは前にも何か買った覚えがあります。
インパクトのある会社名ですからね。
名前って大事ですね。

トライアングルバッグ全景
これがトライアングルバッグの全景です。大きさをイメージしやすいように腕時計を置いてみました。
思っていたよりも細長いと感じました。もう少し正三角形に近いと思っていましたのでちょっと意外に感じます。

チャックは側面の長い1箇所だけです。

トライアングルバッグの中に入れるもの
中に入れるのはこのようにヘキサスツールと予備チューブとパンク修理セットぐらいです。
あとは入れるとしたらポケットティッシュ、軍手、チェーンカバー(持ってないけど・・・)かなあ・・・?

トライアングルバッグに入れるイメージ
トライアングルバッグに入れるイメージはこのようになります。チューブをやや展開して底に合わせて入れ、前方にパンクセット、後方にヘキサスツールという感じで入れるとほぼ丁度良く一杯になります。
こんなもんしか入れられないといってしまうと身もフタもありませんが、これだけでも収納があるとないとで大違い!

家を建てた後も収納が少ないといろいろ苦労しますよね。それと同じで(?)骨ばかりの自転車に如何に収納場所を合理的に増やすかというのは非常に興味深いテーマです。

シートポストの中だって使えるようですが、あそこが究極かなと思っています。

トライアングルバッグ装着したところ
自転車に装着するとこのようになります。
トップチューブとヘッドチューブとダウンチューブの位置関係によって窮屈になる場合があると思います。

この自転車の場合”やや”窮屈ぎみに感じました。

自転車によってはトップチューブの傾斜がもっと急でダウンチューブとの角度がさらに鋭角になりヘッドチューブの直線部分が少ない場合があるかもしれません。MTBなどそういう傾向に近く、ロードバイクは逆に付けやすいのかも知れませんがMTBもロードバイクも持っていないのでなんとも言えません。

念のためこの見た目の窮屈感がどのような数値の結果なのか、自転車のフレームの各寸法を写真に追記しておきました。
トップチューブの先端から12cm後ろに来たところから垂線を引いてダウンチューブに当たったところまでの距離が11cmだったということです。

もし購入を検討されるようでしたら参考にしてください。

横から見た感じ上から見た感じ
あとはこんな感じの印象です。
やっぱり買ってよかったって思います。
たかだかこんなバッグが2600円ぐらいしますが、自分ではちょっと簡単につくれませんから。