自転車のハンドルにiPhoneを付けたければTOPEAKライドケースがやはりベストだiPhone6Plus用購入

この記事は 約4 分で読めます。

ブロンプトンの自転車を買ったついでにいろいろ揃えることにしています。その一環としてスマホホルダーは現代人であればマストアイテムかなと個人の見解として思っています。

さらにスマホの代表格であるiPhoneをつつむホルダーとしてはTOPEAKライドケースの右に出る安定感はありません。

iPhone5sのときに買ったTOPEAKライドケースをまだ持っていますが、iPhone 6s plusでは使えないし、自転車が増えたことだしアームごと新規に買うことにします。

【関連】

Softbankに限った話ではありますがiPhone機種変更するなら自宅届けが良いと経験から感じます
iPhoneを機種変更したときの例で説明します。 うちは当時5人家族全員がiPhoneユーザーで、うち3人ぐらいほぼ同時期にiPhoneを機種変更しましたが、子供は学生であったため名義人である自分も同伴しなければならずショップでの機種...

TOPEAKライドケースiPhone6plus用

開封と外観

▼ケース部分以外はまったく同じはずです。
TOPEAKライドケースiPhone6plus用

▼スマホケース部、自転車のハンドルに巻きつける部分、アーム部分、説明書という構成です。
TOPEAKライドケースiPhone6plus用

▼iPhone6Plusをつつむケース部分は出し入れしやすいように肉が落とされています。
TOPEAKライドケースiPhone6plus用

▼肉部分スマホの上部も覆うようになっているので走行中にiPhoneがポロッと外れてしまう心配はまずありません。
TOPEAKライドケースiPhone6plus用

▼このiPhone6Plus用は後ろ側に立てられる足がついていて普段はiPhoneを立てて置くことができます。使うかどうかはわかりませんが。
TOPEAKライドケースiPhone6plus用

▼ボリュームボタンの上には樹脂カバーがついていてやや動きがぎこちなくボリュームボタンが誤動作することがありましたが、自分で調整できなくはありせんでした。
TOPEAKライドケースiPhone6plus用

▼iPhone6sPlusを取り付けてみましたがほとんど違和感ありません。iPhone6Plusと6sPlusは微妙に厚さが違うらしいですが嵌めるのは大丈夫でした。
TOPEAKライドケースiPhone6plus用

▼カメラのレンズ部分にもこのように穴があいています。iPhone7Plusだとまた違うんでしょうけどぼくはきっとこれを加工して使うでしょう。
TOPEAKライドケースiPhone6plus用

▼しかしやはり少々いやかなりきついケースでした。iPhone6Plus用に6sPlusを入れたからでしょうか。外すときに一部割ってしまいました。でもこの記事執筆時点もそうですし購入時点でiPhone6sPlus用というのがなかったので6Plus用で使うしかありません。
TOPEAKライドケースiPhone6plus用

ブロンプトンへの装着

▼以前ずいぶんと前に買ったハンドルバーエクステンションが役に立つときがきたようです。ブロンプトンのMハンドルはこういうガジェットを取り付けるためのハンドルの直前部分が少ないのでエクステンションが役に立ちます。
TOPEAKライドケースブロンプトンへの装着

▼途中に節が一箇所あるので高さや方向を柔軟に動かして位置決めできます。さらにバーになっている部分は真ん中だけでなく片側に寄せることができます。
TOPEAKライドケースブロンプトンへの装着

▼ハンドルバーエクステンションによっては細くて取り付けるのが無理なときがあるので硬めのゴムを挟んで取り付けましょう。ちなみにぼくが使ったのは柔らかめですがなんとか大丈夫そう。
TOPEAKライドケースブロンプトンへの装着

▼ブロンプトンの場合ハンドルへのガジェット取り付けは非常にシビアですね。下手に取り付けると畳んだとき前輪スポークに当って痛めてしまう恐れがあります。ここは時間をかけての調整が必要でした。
TOPEAKライドケースブロンプトンへの装着

▼一言で言えばハンドルによって形成されている仮想面より外に何か出ていると干渉する恐れがあるということです。このようにMハンドルの延長線上より手前にスタンドが収まるように、かつ見やすい位置に設置する必要があります。
さきほどちょっと触れましたがバーを片側に寄せているのもわかると思います。
TOPEAKライドケースブロンプトンへの装着

▼文章で書けば二言三言程度の話ですが1時間近く調整に時間を使いました。もちろんハンドルバーエクステンションの整備も兼ねてましたけど。
TOPEAKライドケースブロンプトンへの装着

今日の吉田哲也はこう思ったよ

ということで無事ハンドルにiPhone6sPlusを装着できるようになりました。これで走行中に何するかって?走行中はスマホいじっていてはダメです。
TOPEAKライドケースブロンプトンへの装着
ちゃんと自粛しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自転車用品ハード系
semiboze(半禿)をフォローする
SPONSORED LINK
チャリパカ(semiboze(半禿の)ブログ)