輪行用キャスター

輪行用キャスター

自転車でコロコロ走っていてくたびれたら最寄の駅で自転車を袋詰めして乗って帰るという趣味があります。
輪行っていいます。それがやりたくて車輪を外せる自転車を買ったのです。
でも実際には自分の自転車はすごく重いんです。

スポンサーリンク

なにも荷物がなくても13kgぐらいあります。
普通というかもっと輪行向きの自転車は10kg前後しか重さはないかもしれません。
袋詰めして担いで電車に乗ろうとすると自転車に乗るよりよっぽど運動になります
そこでリアキャリアもつけてることだし、輪行のときに自転車を詰め込んだ袋をリアキャリアに乗せて地面を転がせたら楽だろうなあと思ってました。
早速ホームセンターでキャスターを一個90円ぐらいで4個買ってきてキャリアに取り付けました。
結果、輪行が物凄く楽になりました。
先日は熊谷駅から大宮駅までサイクリングして帰りは電車で帰ってきました。
大宮駅のエレベータのすぐ横で30分ぐらいかけて(これも慣れないとやたらと時間がかかります)袋に詰めてからエレベータにのりこみホームのある階まで上がりました。
さて、そこから切符売り場、改札、ホームへ降りる階段まではキャスターつきの輪行バッグでスイスイでした。
どこでも行けて楽しいですよ。

輪行用キャスター付き荷台

よく見ないとわかりにくいですがリアキャリアに不自然にキャスターが付いているのがわかります。
まるでカーボーイがブーツに拍車をつけているような・・・?

追伸

後で分かったことですが、折りたたみ自転車にはこんなキャスターがついていることは珍しくないのですね。
無知でした。

スポンサーリンク

このブログをフォローする