【重量注意】一般的なミニベロを単純に輪行姿にしてクロネコのヤマト便で送ろうとすると80kg扱いになることがある

自転車をヤマト便で送る
僕の自転車はクリーンスピードのエスプレッソといいます。
一流ブランドではありませんが8万円近くしました。そして折り畳みできるミニベロで結構気に入っています。

ミニベロで折りたためるということは電車での輪行はもちろん、飛行機にも載せられるかと考えて調査してみましたが、どうやらJALの寸法制限では載せられないことがわかりました。

しかしせっかくの愛自転車なので旅行の目的地でも乗り回したいじゃないですか。そこで飛行機には載せられなくとも、この形をヤマト便で送ったらいくらになるかクロネコヤマトの営業所に持って行って計算してもらいました。

ヤマト便は大きさと重量との兼ね合いで縦(m)x横(m)x高さ(m)x280という特殊な計算式から出た数値をその荷物の重量として料金表に当てはめます。我が自転車は実際の重量は約13kgだと思っていましたので最低金額の2020円(広島まで)で送れるのかなあと想像していました。

するとなんと広島市まで片道3715円もかかるというのです。
なぜかというと80kgとして換算されてしまうのです。

クリーンスピードのエスプレッソを普通に梱包すると80kgとして扱われる

冒頭写真で結構小さくしたつもりでしたが、採寸してもらうと80数cm x 90数cm x 30数cmと測られ、それに280を掛けた数値が重量として換算されるのです。

0.8(m)x0.9(m)x0.3(m)x280=60.48
これは80kgまでの表で見ることになり埼玉県から広島市まで片道で3715円かかることになります。

往復だと7430円かかります。自転車を送るだけにしてはかかりすぎでしょう。

ブロンプトンというイギリスのメーカーの自転車ならものすごく小さくなってしまい手荷物として余裕で預けることができるそうです。

つまり飛行機で出かけるときブロンプトンならタダで送れるわけです。もっともブロンプトンの自転車は8万やそこらじゃ買えません。+10万ぐらいします。

14回ぐらいヤマト便であちこち往復させてようやくブロンプトン代に追いつきますwww

実際には15kg程度しかないのに

実際には我がクリーンスピードエスプレッソは車両本体で12kgぐらいでオプションをつけていてもせいぜい15kgもないはず。ですから形さえ最小にできれば片道2020円で送れるはずなのです。ただしこれは逆算すると45cm x 45cm x 50cmぐらいの大きさにしなければなりません。

まあどうがんばってもこんな大きさにはできませんのでどうやら2020円で送ることは不可能でしょう。

ということで電車またはマイカーでの旅行以外ではクリーンスピードエスプレッソを運んで現地で乗ることは非常に困難であるということがわかりました。

往復で7000円前後払うくらいなら現地でレンタルサイクルを借りて、浮いたお金で旨いものを食ったほうが良いかもしれません。
それに僕が行くところは大抵雨ですorz

今日の吉田哲也はこう思ったよ

やはり輪行は電車に限るかなという結論です。
飛行機で自転車を運びたかったらブロンプトンですかね。

【追記】ブロンプトンについての記事いくつかあります。

内装3段ギアが2と3の間で123と高速変換する怪現象の正体はここだった#ブロンプトン
ブロンプトンの自転車乗ってます。(かなりときどき) 平日は乗りません。乗れません。 休日でもブロンプトンでの遠乗りはほぼしません。で使うのはもっぱら休日の朝とかコンビニにいくくらい。 そんなたまにしか乗らないとバチが当...
非ブロンプトンのブロンプトン化とブロンプトンバッグ周りの改造のまとめ話
ブロンプトン自転車を買ったのは2017年のことですが、それ以前にも「持ってないにも関わらず」ずいぶんブロンプトンと親しんできました。 なぜならバイクを購入する前からバッグにはずいぶん世話にもなったし改造もさせていただいていたのです。 ...
寝台車輪行と飛行機輪行とで往復して感じたブロンプトンは畳むの簡単でコンパクトだけど重すぎwww
香川県へ旅行に出かけたときにブロンプトン自転車を持っていき、往路は電車、復路は飛行機という体験をしました。往路の電車は東京発高松終着のサンライズ瀬戸を、復路は高松空港発羽田着のJAL便を利用しました。そうした中でブロンプトン自転...

ブロンプトン | チャリパカ