CLEANSPEEDのESPRESSOという自転車の改造と装飾まとめ

この記事は 約5 分で読めます。

cleanspeedのespresso
クリーンスピードのエスプレッソという自転車を買って約1年経ちました。
形が気に入り、試乗もせずにネットで買ったのですが、概ね満足です。

そうはいっても改造したくなるところがないではありません。
今日はクリーンスピードのエスプレッソをどんな風にデコレーションしたか過去記事のまとめの意味も含めて紹介します。

スポンサーリンク

フロントバッグ取り付けについて

構想

自転車に乗るときはフロントバッグを付けたい主義です。
何かしらバッグを取り付けたくてブロンプトン純正オプションのキャリアブロックを買い、どうにかヘッドチューブに取り付けることができました。
(とはいえ今思えば不完全な方法ですが)
参照:ブロンプトンのフロントキャリアブロックを社外自転車に取り付ける方法詳細

キャリアブロックを取り付けたはいいが、果たしてエスプレッソにブロンプトンのSバッグやTバッグを付けることができるのか友人が持っているTバッグを付けさせてもらいフィッティングしてみました。
参照:ブロンプトンの純正キャリアフレームはCLEANSPEEDのESPRESSOとはそのままでは合いません

ただし合わなかったのはTバッグ相当のフレームだったのでSバッグであれば高さがやや低いため使えるのではないかと考えました。
あとはステムを裏返せばハンドルがやや上に上がるのでそれで対応できるかもしれないと判断できました。

そうはいってもSバッグにしてもひらくPCバッグにしても結構高い値段ですのでもっと安いバッグを簡単に取り付け出来ないかと考えました。
そこでジャックバウアーでおなじみのバッグをほぼ衝動的に買いました。
参照:ジャックバウアーの持っているバッグでpc運べるじゃないか

そのジャックバウアーのバッグを載せられるようにキャリアブロックにアタッチメントをつけました。
参照:自作のキャリアアタッチメントが完成

ブロンプトンバッグ購入と活用

しかしジャックバウアーのバッグは腰がなく、ちゃんと立たせることができません。
遠回りしましたが結局Sバッグ購入に踏み切りました。
参照:自転車+ひらくPCバッグ=ブロンプトンのSバッグという解

ひらくPCバッグと違うところは上方のスペースが空いてしまうという点です。
ある道具を買って改善しました。
参照:ブロンプトンSバッグの上方デッドスペースの活用

ブレーキ干渉の改善

Sバッグを付けることはできたのですが、フロントブレーキのワイヤーがバッグと干渉します。
ブロンプトンの自転車は普通の自転車と違い、フロントブレーキワイヤーが干渉防止のため下から接続されているのです。
それを廃自転車の部品を使ったり、その他思いつきで解決しました。
参照:【自己責任】ブレーキ改造

不完全なキャリアブロック固定

フロントキャリアブロックを固定してあっても素人工作なので不完全です。
Sバッグをとりつけてサイクリングをするとグラついてきてしまいます。
そこでまた改良です。
参照:ブロンプトンフロントキャリアブロック補強

最終的な解決策

改良しても完全なものにはなりません。
ワイヤーで固定しても、10kg程度のバッグを支えるにはどうしても限界がありました。
とうとう最後の手段を使うことにしました。
参照:ブロンプトン純正フロントキャリアブロックの取り付け用金具溶接

あとは再度色をつければ元通りです。
参照:クリーンスピードエスプレッソのヘッドチューブ塗装

 

スタンドについて

エスプレッソのスタンドは固定しても回ってしまいチョット駄目だと思って余っていたスタンドを少し切断して取り付けました。
参照:自転車のスタンド交換

その他いじったところ

次の構想は泥よけ

エスプレッソには泥よけがついていないので雨上がりでの走行に苦慮します。
次は泥よけを付けたいと思いますが、なにしろキャリパーブレーキとタイヤとの隙間が狭い。
ダホンの純正泥よけが合いそうな気がするので、買おうかどうしようか数ヶ月悶々としていましたが最近注文しました。
取り付けの様子をまた記事にしたいと思います。
<追記 20140517>
泥よけ付けました。
DAHON泥よけ取り付け20インチクリーンスピードのエスプレッソへ
<追記ここまで>

追記

ケイデンスセンサー付けました。

ケイデンスセンサーが機能しない?普通に取り付けたら使えない?荒業敢行で大丈夫です
前々から気になっていたケイデンスセンサーという機械。 ケイデンス(英: cadence)とは、自転車において1分間のクランク回転数のこと。自転車に乗る人がペダルを回す速さを示す数字である。rpm(回転毎分)を単位として表す。 引用:...