【高度な改造】ブロンプトンのキャリアブロックにつけるアタッチメント完成#ブロンプトン

この記事は 約3 分で読めます。

フロントキャリア

フロントキャリアフレームも完成しました。
紆余曲折もありましたが、なんとか使えるものが出来たのではないかと思っています。

先日は我が愛車CLEANSPEEDのESPRESSOに無事ブロンプトンのフロントキャリアブロックをつけた話を公開しました。
そこで次はそれにつけるバッグですが、ブロンプトンの純正バッグはそのままでは合わないということもわかりました。

そこで最終的には自作です。

スポンサーリンク

外観

▼よく見ると左右でアンバランスですが、後で切るから大丈夫です。
左右のバランスにかかわらずこの大きさのままだと外したときにバッグに収まらず困ります。

DSCN8838

▼ハンドル上部から見下ろすとこんな感じです。
真上から見てもよくわからないかもしれませんが、これならハンドルやブレーキレバーとは全く干渉しません。

DSCN8837

▼試しに右にハンドルを切ってみたり、

DSCN8836

▼左に切ってみたりとしてみましたが、特にワイヤーとの著しい干渉はみられません。

DSCN8835

▼アタッチメントはこんな形をしています。
別に難しいことはなく、プラスチックの板切れを切って貼り合わせてワイヤーメッシュを挟み込んだだけです。

DSCN8833

▼そうはいっても挟み込むのにプラスチックの板に溝を掘るのは多少難儀しました。
ほぼ面位置に溝を掘るには本来もっと特殊な工具があれば楽だったのですが、個人であるため大層な道具はなく、電動のドリルドライバーの先端にφ3mm程度のドリルを付け、一所懸命溝を作りました。

DSCN8826

▼自腹を切るのを惜しんだために、指を数カ所切る羽目になりました。
血が出過ぎてちょっとびっくりしましたが、怪我をした甲斐もあったってもんです。

DSCN8839

今日の吉田哲也はこう思った

実は完全に完成ではなくワイヤーメッシュの向きを間違えまして、ハンドルを切ったときにメッシュの端の小さな突起にブレーキワイヤーなどが当たります。

そのためハンドルを切るとカラカラカラと音と抵抗感があります。
我慢すればできないことはありませんが、せっかくここまでやったのだからもう一息完璧を目指そうと思ってます。

それにはメッシュの向きを逆にして溝を逆側に掘らなければなりません。

言葉で言うのは簡単ですが、また指に数カ所穴があく恐れがあり、あまり気乗りしません。

それでもやらなければその先のバッグを載せて走るという最終目的が完璧な満足で果たせませんのでやりますかね。

ちなみに、アタッチメント部分の詳細な構造については省略します。

気が向いたら詳細な構造も載せるかもしれませんが、いいねとかツイートとかの反響次第です。