クリーンスピードエスプレッソのヘッドチューブ塗装

ヘッドチューブに塗装
先日はクリーンスピードのエスプレッソにブロンプトンのSバッグを付けられるよう金具を溶接しました。

しかし溶接するために塗装を落してしまっていたので、早く元の状態に戻して保護しないと錆びて使い物にならなくなってしまいます。
ということで塗装しました。
物置に転がっていたクルマ用のスプレー塗料です。

今回はただスプレー塗料を噴霧しただけのまったく工夫の無い記事で公開するのがかなり憚られるので、先を読み進めることは強くはおすすめしません。

読み進めるうちにがっかりして吐き気すら催すかもしれません。
それくらいがっかりするような記事です。今日は。

しかも塗装の仕上がりがこれまた吐き気を催すほどですから気分が悪くなること間違いないのではないかと思います。

それでもちょっとは興味があるようでしたら進んでみてください。

ヘッドチューブに塗装

▼冒頭ではやや釣りの写真を使ってみましたが、塗装作業は家にあったブルーのスプレー式塗料を使います。

色は微妙どころかかなり違うと思いますが、手作り感が大事だと思っておりますのでいいんです。
ペイント

▼ということで遠慮がちにスプレーを噴霧してみた結果がこれです。
この仕上がりでいいのかい?って思われる方もいるかもしれませんが、いいんです。
錆びなければ。

ヘッドチューブに塗装
▼塗装を落した範囲が結構広かったので、塗り直しもこれまた結構広めにやらなければなりませんね。

ブクブクと表面に泡が発生して吐き気を催しそうですが、かまいません。
どうせほとんどキャリアブロックで隠れてしまいますから。

ヘッドチューブに塗装

▼こちら側から見たところは最悪ですね。
かなり泡立ってます。
しかもタレてます。
血液型A型の人が見たら一生許してもらえないほどの酷い出来映えだということは十分承知しております。

なぜなら僕はB型だからです。
血液型による分類なんて関係無いと思ってますが、こういうところの仕上げのいい加減さは自信があり、多少血液型も影響しているのではないでしょうか。
ヘッドチューブに塗装

▼何度かブログを読んでくださっている読者諸兄の方はこう思われるのではないですか。

こいつなかなか着眼点の面白いアイデアは思いつくのに、センスの悪さは何だと。
お見苦しいものをご覧に入れて失礼しました。