【超簡単】真夏に下を向いてしまうルームミラーのゆるみをあっというまに治す方法

【超簡単】真夏に下を向いてしまうルームミラーのゆるみをあっというまに治す方法

ルームミラーの下がり防止
寒いときには忘れていたことですが、暑くなってくるとクルマのなかはもっと暑くなります。
夏になるとひどいときには車内は40度を超えることもありますね。

当然です。
熊谷というところろは真夏には日陰でも40度近くなりますよ。
ちなみに比較的に近くのT市はこんな方法で気温を測定しているということを調べて以前記事にしたことがありますね。
参考:館林市はよく日本一暑いとニュースで出ますがここで観測しているんです

さて、暑くなると冒頭写真のようにクルマに戻るといつのまにかルームミラーが下を向いてお辞儀をしてしまっているということが多々あります。
拡張ミラー(と呼んでよいのでしょうか)を付けていると重みが増すのでますます下がりやすくなってしまうのでしょう。
拡張ミラーを付けていなければほとんど平衡を保っているようです。
そこで今年の夏こそはクルマに戻ってもミラーが下がっていないような対策をしますかねっということでぱっと思いつきでやった対策をドヤ顔で紹介します。

スポンサーリンク

なぜミラーが下がるか

改善する前にちょっと能書きをぶちたいと思います。
面倒な方は読み飛ばしてください。

ルームミラーは車内のアーム先端にボールがついていて、ミラーはそのボールを掴む形で形成されています。
いわゆるボールジョイントというやつです。

このボールジョイントが車内の気温の上昇とともに緩くなってしまうのです。
膨張するんですよ。

冬は逆にきつくなります。
収縮するからです。

中学生以上ならわかるような話です。

この冬と夏の寒暖の差が大きすぎるのでしょうか。計算ミスなのでしょうか。

ここをもう少しきつめにしてしまえば、少なくとも夏はミラーが下がらなくなります。
ルームミラーの下がり防止

スポンサーリンク

このブログをフォローする