補水不要で6年半使えたパナソニックバッテリーカオスはリピートする価値がもうひとつある

補水不要で6年半使えたパナソニックバッテリーカオスはリピートする価値がもうひとつある

パナソニックカオス
パナソニックのカオスというバッテリーをファーストカーであるステップワゴンに積んで使っていますが、いよいよ寄る年並には勝てずまだらボケになることがありました。

特に冬場の週末ともなるとステップワゴンを土日走らせずにおくと月曜日の朝には意識不明というか仮死状態に近い状態に陥ってしまっていることもしばしば見られます。

そんなときはAED(充電器のことです)で蘇生させてなんとか延命治療を施すこともあるでしょう。
しかし寒期がだんだん深まり毎朝寒くなってくると、毎朝気づいたら意識不明(あるいは仮死状態)になっているという状態が続き、これ以上AEDで蘇生させてもいつか走行中に突然死なんてことになりかねないかもしれないと考えることでしょう。誰でも。

そこで新しい心臓(バッテリー)に交換して生まれ変わらせてあげましょう。

スポンサーリンク

やっぱり買い替えるのもパナソニックのカオス

別に他のバッテリーを買うのでもぜんぜんかまわないと思うのですが、この亡くなった前代のカオスは2008年1月に買った物で今日(2014年10月)までずっと現役で稼働してくれていました。

6年半以上です。素晴らしいバッテリーでした。これからも素晴らしいバッテリーでしょう。やはり高い評判は伊達じゃないと思います。

そういったことで同じブランドのカオスを買って、今度はステップワゴンが往生するまで両方面倒みようかと思います。

このカオスの良いところは液を足さなくて良いという点です。普通の自動車用バッテリーだと、ときどき液面を確認して蒸留水を足すとかしなければなりませんね。自分でやらないまでもガソリンスタンドで給油したときとか、定期点検や車検のときにやってもらったりとかしなければなりません。

ところがこのカオスの場合6年間補水要らずでした。基本的なメンテナンスを行う自分としてはバッテリーの液量を確認しなくて良いというのは楽でいいです。
関連:

【追記あり】ユーザー車検の手順
普通乗用車の車検期限は最初の登録直後では3年後だが、それ以後は2年ごとになる。 そして車検の季節。 今回はユーザー車検のやり方を...

ちょっと豆知識

バッテリーの仕様記号の意味についてちょっと説明を。
80B24Lというのを今回買いましたが、
80:性能ランクで大きければ容量・性能が高いということ
B:端子の大きさで自家用車は主にBかD。間違って買っちゃうとクルマ側の端子も変えなきゃならない。でも逆に端子を変えればもっと大きいバッテリーを載せられるようになるかも。
24:長い側面の長さ(cm)
L:プラス端子側から見たプラス端子の位置(L=左、R=右)

パナソニックバッテリーカオス80B24L開封

▼ということで届いた新品がこちら。
ステップワゴンには本来もっと小さいバッテリーが乗っていましたが、できるだけ容量の大きい物を載せたかったので70B24Lを載せていました。
前回は楽天から購入して13000円ちょっとかかりましたが、今回はAmazonで1万円ちょっとでした。容量も70から80へ増えていますので実質的に完全な値下げです。技術の進歩のなせる技でしょうね。
パナソニックカオス

▼販売証明書と保証書がついています。
パナソニックカオス

▼充電状態インジケーターがついています。当然ながら新品なので良好状態を確認できます。
パナソニックカオス

▼サイズを測定します。まあスペック表見ればわかることですが。
横幅約23cm。奥行き約13cm。高さ約20cm。
パナソニックカオスサイズ
パナソニックカオスサイズ
パナソニックカオスサイズ

次は交換作業

スポンサーリンク

このブログをフォローする