アームが伸ばせて画面を近くにできる車載ホルダー/クルマの中でもマルチディスプレイっぽく楽しめる【PR】

SmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2クルマに貼る
スマホを自動車内でつかうときにスマホホルダーは必須です。
そのスマホホルダーのアームが長くなっているとどれだけ使いやすいのか興味がありました。

今回メーカー様よりご提供いただいた車載スマホホルダーはまさにそんなものだったのです。
つまりアームが伸縮するタイプなのです。

アームが伸縮すると今まで運転席に座っていて手を結構伸ばさないとスマホの画面をタッチ出来なかったのが、近くなってタッチ操作がしやすくなるというものです。

果たしてどれくらい使いやすくなるのか見てみましょう。

SmartTap スマホ車載ホルダー EasyOneTouch2

開封

▼箱にはiPhoneの写真が載っていますがiPhone6plusレベルでもすんなり掴めるのでしょう。
SmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2

▼箱の上部に適応できる幅の目安が印刷されています。
55〜87mmとのことですので買う前に参考にしましょう。
SmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2

▼箱のなかにはシンプルに土台とホルダー部と説明書が入っています。
SmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2

各部機能確認

▼ここを手前に倒すと吸盤が真空状態になってくっつきます。
SmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2

▼吸盤はこんな感じになっています。ここのフィルムを剥がして貼りたい部分に貼ります。
何回か貼り直しているうちに粘着が悪くなったら水洗いして水気を切ればまたよく張り付くようになるそうです。
SmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2

▼アームを一番奥に倒した状態。このような使い方をすることはまずないでしょう。
SmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2

▼アームを一番手前に倒した状態。上の画像と見比べてみるとアームはほぼ180度角度が変わることがわかります。
SmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2

▼アーム先端のボールジョイント部分です。アーム部分のつまみを緩めて長さ調節ができます。
SmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2

▼ボールジョイントのメス部分、ボールが入るところです。このボールが入る部分の球状に形成されている部分がゴム状の材質でできていてホールド性が良さそうです。
SmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2

▼スマホホルダー部の下部には下支えする部品が左右に動くようになっています。
SmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2

▼その左右に動く部品は裏側からこのツマミで動かします。どういう構造になっているのかわかりませんが、ここをスライドさせないと動きません。
SmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2

▼スマホを掴む部分は動画のほうがわかりやすいので御覧ください。

▼スマホを乗せてみました。
SmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2

SmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2クルマに貼る

▼貼る位置をだいたい決めたらホコリを除去します。多少濡れてるぐらいのほうがビシっと粘着するでしょうね。
SmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2クルマに貼る

▼SmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2の吸盤部分から保護フィルムを剥がします。
SmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2クルマに貼る

▼向きをよく考えてから貼りましょう。レバーを倒して固定です。貼る面がエンボス加工されたところでしたがかなり強力に貼れた印象です。
SmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2クルマに貼る

▼まだスマホは取り付けていませんが、手前に倒してアームを目一杯伸ばしてみました。
目論見としてはカーナビのディスプレイとほぼ面位置が合うようにするとマルチディスプレイっぽくて良いかなと思っています。
SmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2クルマに貼る

▼同じ画を横から見てみます。吸盤部分からかなりせり出していますが、本当にこれでスマホを載せて支えきれるのでしょうか。現時点ではまだ不安はあります。
SmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2クルマに貼る

▼5.5インチのスマホをケース付きで取り付けてみました。
ケースがゴツいですがなんとかホールドしています。画面の向きもほぼ運転席に座った自分に向いているので良好です。
SmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2クルマに貼る

▼スマホを外すときは人差し指と親指で掴むようにツマミを引っ込めればホールドが緩みます。手軽です。
SmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2クルマに貼る

使ってみての感想

ここが気に入りました

  1. 画面が近くに配置できる
    この商品の売りであるアームによる位置調整ができるのでスマホをカーナビの画面と同じ位置にまで持ってくることができます。
  2. 充電ケーブルが挿せる
    下支えの部品が左右に自在に動きますので充電ポートが真ん中にあるスマホでも端にあるスマホでも合わせられます。
  3. ボールジョイントが固定しやすい
    ボールジョイントを固定するスクリュー部分が樹脂ローレットになっているだけでなく突起がついているので最後の締め付けが楽です。最後の締め付けのときにこれがないとしっかり掴んで回さないと固定が上手くできませんが、突起があるおかげであまり力を込めて掴まずともしっかり回せます。女性にはうれしい箇所でしょう。
  4. 接地力が強い
    これは舌を巻くほどの威力です。おそらくあらゆる衝撃や重いスマホを付けても吸盤が脱落することは無いのではないかと思ってしまうほどです。
  5. 吸盤が小さい
    吸盤が大きいとどんなに粘着が強くても曲面に貼り付けるのが困難ですが、これは結構小さめなのである程度曲がった面にでもぴったり付けられてスゴく良いと思います。

ここが残念に思います

  1. 軸がもう一つ欲しい
    吸盤で土台につけた部分が回転してくれるともっと位置決めがし易いと思います。もう少し右に向けたかったというときに吸盤を剥がして再度貼る必要があるのです。
  2. 仕方ないかも知れないが吸盤が強すぎ
    1と関連するのですが、もう少し右にずらしたいと思ったときに回転ができないので吸盤を剥がして貼り直したいのですがものすごく強烈に貼り付いています。取り付ける前にここで良いかとそれなりの覚悟が要りますw
  3. ホールドする部分が浅い
    ケース無しなら幅さえ規格内のスマホだったら取り付けは問題無いと思いますが、たいていの人はケースに入れてますわね。ぼくもケースに入れているんですけどゴツすぎるといえばそれまでですが、ちょっと掴みが悪くて苦慮しました。もう少し掴む部分が深いと良かったかな。

ということで良い点悪い点同じくらい列挙してしまいましたが、概ね良いと思います。
ありがたく使わせてもらいます。