高品質ココナッツオイルのお店が熊谷にあるというので行ってみた【PR】

ココナッツオイル
ココナッツオイルを販売している熊谷市のプリバードというお店から取材してくれませんかとお話をいただいたので行ってみました。

ココナッツオイルというのは身体に良いらしいという話は聞いたことがあります。
どうやらかなり良いものを扱っているようなのですが、なかなか認知されないということらしいのです。

熊谷市にあるココナッツオイル販売のプリバード

オーガニックバージンココナッツオイルのココアイランド

▼お店はハートビーツというウェアプリントショップなんですが、ココナッツオイルも売っています。
公式サイトを見ると通販しかやっていないのかなあ?と思いましたが、店頭販売もしているそうです。

オーガニックバージンココナッツオイルのココアイランドというサイトの他にAmazonや楽天でも売られています。ココナッツオイル

▼お店の名前はハートビーツとなっていますが、ココナッツオイルを扱っているのはプリバードです。
プリバードとはチャーリー・ミンガスというジャズ・ミュージシャンがチャーリー・パーカーの人気を妬んで尊敬するデューク・エリントンの曲をアルバムで出し「デューク・エリントンがバード(チャーリー・パーカーのニックネーム)の前(プリ)だ」と主張したかったのだとか。
その名前をとってプリバードとしたらしく、ぼくのブログ名「チャリパカ」にもピンと来たみたいw

ココナッツオイル
おかげでジャズの話も結構できました。
あと熊谷市内の喫茶店「べあばれい」のご主人とも友達だそうでなかなか世間が狭くなってきた感があります。

[SWEETS VISA]熊谷の喫茶店べあばれい
早速行ってきました。スウィーツビザ2014年8月熊谷近郊版の地図も作ったことだし、お店まわり一軒目です。 なんとも珈琲好きの親父が経営しているなかなか味わい深いお店でした。 予算500円の税込みで紹介しましょう。

▼こちらのココナッツオイルはタイのサムイ島で完熟したココナッツのみを原料として作られているそうです。
工程としてはざっくりこんなふうにやっていると理解しました。

  1. あの硬ーい椰子の実の皮を一つ一つ手作業で剥く
  2. その下の渋皮みたいなのも多少落とす
  3. ある程度細かく割る
  4. それを粉砕機みたいなので細かく粉々にする
  5. 30度の温水を加える
  6. 手で一所懸命かき混ぜる
  7. 2リットルぐらいの袋に詰めていく
  8. 袋をプレスしてオイルを絞り出し容器に入れる(たぶんこれがコールドプレス製法)
  9. 30度の部屋に置き8時間半ほど発酵させる(たぶんこれが発酵分離法)
  10. 水とオイルが分離する(遠心分離法に比べて効率は悪いが劣化しにくく熱に弱いラウリン酸を壊さず純度を保てる)
  11. 布と濾過紙を使って6〜12回も濾過する

これらの工程に10日ほどかかって純度の高いココナッツオイルが完成するのです。

【COCOISLAND】ココナッツオイルの作り方!

ということで冬は常温だと固体でスプーンでザクザクと掘って使う感じですが、夏になると液状になるみたい。
ココナッツオイル

▼その場で珈琲を作ってくださってスプーン2杯ぐらいいれてくれました。
ココナッツオイル

▼撹拌機でかき混ぜてくれたものをいただきました。
珈琲にもこだわっているらしく時間をかけて作ってくれました。
ココナッツオイル

COCOISLANDのオーガニックバージンココナッツオイル

▼サンプルで1本いただいたココナッツオイルです。
COCOISLANDのオーガニックバージンココナッツオイル

▼サムイ島、低温圧搾法、有機栽培、完熟、無添加、無精製、無漂白などのキーワードが載っています。
この無精製とはなんぞやと疑問に思ったので調べてみました。
COCOISLANDのオーガニックバージンココナッツオイル
加熱して作るのが精製で非加熱で作るのが無精製または未精製だそうな。
精製するとあの独特の匂いが薄れ不純物も取り除かれ安定した品質になるようですが、アルツハイマーやダイエットにより良いのは無精製だそうな。
実際に精製(加熱)するとかなり有効成分が少なくなるので効果は半減なんでしょう。
【参考】ココナッツオイル精製と未精製の違いは?ダイエットへの摂取量は? | お役立ち猫

▼OTOP(タイ一村一製品運動)マークとタイ政府オーガニック認定マークがありました。
身体に良いとされる中鎖脂肪酸の含有率は57%です。
COCOISLANDのオーガニックバージンココナッツオイル

いっそんいちせいひんうんどう、One Tambon One Product ConceptあるいはOTOP、หนื่งตำบลหหนื่งผลิตภัณท์)は、タイの首相であるタクシン・チナワットによって提案された地域おこし運動。町ごとに特産品を作ることで経済の活発化を図った。
引用:一村一製品運動 – Wikipedia

  • 免疫力を高める
  • 母乳の生成を促進する
  • 肌のたるみ回復など美容効果が期待できる
  • 髪にも使える
  • 口うがいにも使える

引用:ココナッツオイル徹底比較!主婦が検証→失敗しない選び方|syufeel

今日の吉田哲也はこう思ったよ

ココナッツオイルは良いとわかっていても継続的になかなか広まらないのだとか。

だいたい身体に良いとはいってもすぐに効果が現れるものは逆に怖いし、そうかといってなかなか効果が現れないと「本当に効果あるの?」と疑問に思ってやめてしまうものです。

効能や使い途はいろいろありそうですね。
とにかく身体に良いことは間違いなさそうなんですが、問題は継続できるかどうかです。

1本入手して1口や2口舐めてみたからといって何がどうなるというものでもありません。

これからしばらく食べ物や飲み物に入れてみて体重が多少落ちてきたらラッキーだし、何か健康上変わったところがわかったら追記していきます。

公式サイトを見させてもらったのですが、ちょっと購入までの動線がわかりにくいかなという感想を持ちました。せっかく良い物を扱っていても売るための手段も大切だなあと素人ながら感じました。

オーガニックバージンココナッツオイルのココアイランド(リンク切れ)

20160411 追記 ココナッツオイル石鹸も開発中

再び訪れたときに石鹸を開発中ということでサンプルを見せてもらいました。
自然由来の材料なので肌に良いはず。
ココナッツオイル入り石鹸

石鹸もさることながらココナッツオイルってそれだけで栄養価が高いし常温での長期保存が可能なので非常食として実はすごく有用ではないかという話をしました。

万一の災害時にココナッツオイル1瓶あればある程度の栄養補給ができるので命を繋げることができるのではないでしょうか。

ということで痴呆の防止にも良いかと思ってこの日は親に1瓶買いました。