高速道路でパンクして救援してもらうまでの体験談と教訓の間抜けな顛末

高速道路でのパンク

高速道路でパンクを経験しました。
血も凍るような恐怖体験をし一命を取り留め、いろいろな教訓を得たのでシェアしたいと思います。

さらに工賃も含めていたとはいえ関越自動車道練馬出口で降りて最初のガソリンスタンドさんには少しばかり足下を見られたのかもしれません。

関越自動車道上り、三芳PAから所沢ICのあいだ辺りで異変に気づきました。
走行中に何かいつもと違う異音が聞こえるのです。

よく一番左の走行車線と真ん中の車線および追い越し車線でアスファルトの質が違い、ロードノイズが違うことがあります。
それかなと思い車線変更をしてみましたが異音は収まりません。
何かおかしいことが起きていると感じスピードを緩めてみると、嫁がサイドミラーを覗き
「後ろのタイヤがパンクしているよ!」
急いで慎重に車線変更しハザードランプを点けて路肩に停車したのでした。
そのときはテンパータイヤ(予備タイヤ)に交換して次のインターで
「降りれば良いか」
程度に軽く考えていましたが、まったくその通りになりませんでした。

注意点を交えてお話しします。

助手席側から降りてガードレールから外に出る

まずハザードを点滅させて、自動車から全員降ります。
降りるときも運転席側(右側)から降りるのは絶対ダメで、必ず助手席側から降りること。

そしてクルマから降りたら速やかにガードレールより外に出ること。
でないと万一走行中のクルマがよそ見をしていたりして路肩のクルマの傍を走行してきたら一発で引っ掛けられて二次災害になります。

先日(2012年10月5日)中国自動車道で桜塚やっくんが事故死したようなことが現実に起こりうるのです。

スペアタイヤの空気圧もときどきチェック

スペアタイヤに交換しました。
でもスペアタイヤとはいえ、いつでも使える状態にしておかないと意味がありません。

時間の経過とともに少しずつ空気が抜けます。
車種にもよりますが、通常のタイヤの空気圧は2.2kg/cm^2前後で、予備タイヤの空気圧は4.2kg/cm^2という全然違う圧力です。およそ倍の空気圧を維持しておくようにしましょう。

ワシも知りませんでした。
一定期間、例えば半年に1度とか予備タイヤの空気圧もチェックしましょう。
そうしないといざという時使い物にならないタイヤを積んでいるだけという羽目になります。

あるいは小型のコンプレッサーをクルマに常備しておくという手もあります。
そうすれば定期的に予備タイヤの空気圧を計る必要もなくなるかもしれませんね。

ワシも前まではいつも空気入れを後ろのラゲッジに積んでいましたが、いつのまにか載せなくなってしまってましたので不覚でした。これからは絶対空気入れを積んで走ります。