初売キャンペーンで当たったブロンプトン輪行袋の名はかるが〜るだけど自転車入れなくても重いw#ブロンプトン

ブロンプトンキャンペーンで当たった輪行袋かるがーる
2017年ブロンプトン購入者早い者勝ちということで勝ってしまったのでかるが〜るがもらえました。
買うと8000円+税もするんです。

ブロンプトンの輪行袋かるが〜る

ざっと外観

▼広げてみると大きくはないです。本当に入るんかいな?って最初は思います。
ブロンプトンキャンペーンで当たった輪行袋かるが〜る

▼持ち手部分は面ファスナーでまとめられるようになっています。多少持ちやすさはありますね。
ブロンプトンキャンペーンで当たった輪行袋かるが〜る

▼自転車屋さんも言っていましたが、持ち上げて運ぶ式の輪行袋ではありますが側面にある補強ベルトがなぜか底面にはありません。底面だって補強しておいたほうが良いんじゃねえの?って思います。まあ自信があるのでしょう。
ブロンプトンキャンペーンで当たった輪行袋かるが〜る

▼広げると底の部分以外がパカっと開きます。ファスナーは両開き式です。
ブロンプトンキャンペーンで当たった輪行袋かるが〜る

入れて見る

▼まずは底の部分に畳んだブロンプトンを立ててみます。
ブロンプトンキャンペーンで当たった輪行袋かるが〜る

▼あとは両開きのファスナーを適当に閉じれば完成です。簡単といえば簡単。
ブロンプトンキャンペーンで当たった輪行袋かるが〜る

▼肩掛け用のベルトもついています。フック付きです。
ブロンプトンキャンペーンで当たった輪行袋かるが〜る

▼かるが〜るの右奥と左手前にDカンが縫い付けられているのでそれに嵌めます。
ブロンプトンキャンペーンで当たった輪行袋かるが〜る

▼肩から担げるのですがタスキがけにしないとキツイですよね。
ブロンプトンキャンペーンで当たった輪行袋かるが〜る

▼ひとつ不明な持ち手が片側の底面近くに縫い付けられています。どういうときに使うかよくわかりませんが、おそらくこの輪行袋かるが〜るごと持ち上げて車などの乗り物に積み込むときにここを掴むのではないでしょうか。と思ったら上の持ちて部分を肩にかけたときにちょうどよく下を掴めるようになっているのでした。
ブロンプトンキャンペーンで当たった輪行袋かるが〜る

違う使い方はできないか

ブロンプトンの魅力の一つは畳んだ状態でも転がして運べる点です。しかしこのかるが〜るはその魅力を潰してしまっているのでしょうか。もしこの輪行袋かるが〜るに入れてもブロンプトンを転がして運べるとしたらまた世界が広がる気がします。

▼そこでやってみました。かるが〜るを逆さにしてブロンプトンに被せてみるのです。
ブロンプトンキャンペーンで当たった輪行袋かるが〜る
余裕がありすぎて持ち手部分や袋の口になる部分が大方地面に接してしまっています。転がすことはできても同時に地面を掃除してしまいそうです。

▼確かにファスナーを閉めなければコロは接地しているので転がしての移動はできそうなんですけどね。
ブロンプトンキャンペーンで当たった輪行袋かるが〜る
これを使っての転がしは諦めたほうが良さそうな気がします。あるいは底部を切ってしまうという暴挙もできなくはないですが無料プレゼントとはいえ結構価格が高いものなのでそれなりに躊躇します。

▼さて最後になりますがかるが〜るを袋にしまうときに改めて感じるのはブロンプトンの自転車が究極的と言ってよいほどコンパクトに畳めるのに反してこの輪行袋かるが〜るはなんと嵩張るのか、コンパクトとは程遠い輪行袋なのかということです。
ブロンプトンキャンペーンで当たった輪行袋かるが〜る

まあ自分で作るのは面倒くさいし、ブロンプトンがあまりにも小さく畳めるので他メーカーの輪行袋では持て余すし、転がしての駅構内移動は禁止だしということでここは一つ純正の輪行袋でも使うかというときにこれは有効ですが輪行のテンションがあくまで下がる袋ですwww