自分のお気に入りのライトをそのままハンドルに取り付けられるライトホルダー取付

自分のお気に入りのライトをそのままハンドルに取り付けられるライトホルダー取付

バイクライトホルダー

どうも自転車につけるランプで「これは」と思うものが見つかりませんでした。
そんなとき偶然アマゾンでこれを見つけました。

スポンサーリンク

サイズを気にせず気に入ったライトをハンドルに付けられるバイクライトホルダー

小さいLEDの懐中電灯は前から持っていたので、ホルダーを買って懐中電灯をつければ自転車に付けても使えるし、懐中電灯なので外しても普通に使えて便利です。
しかもホルダーは軽量です。
昼間しか走らないときは簡単に外しておけるし、懐中電灯を外したあと何か別のものを挟めますっていいたいですが何を挟むかは思いつきません。

半年以上使ってみましたが特に大問題はおきていません。

上下の角度は簡単に自在に変えられるので、そういう意味では使い勝手はよいです。
あとは取り付ける懐中電灯次第です。
専用のランプをつけるよりはずっとシンプルでよいと思います。

2012/12/18 追記
ハンドルにライトを取り付ける方法は大きく分けて3通り、つまり

  • ビスで固定する
  • ゴムバンドで固定する
  • ベルクロバンドで固定する

方法がありますが、この3通りの順番は固定の強さを表しています。すなわちビスでの固定が一番頑丈で、ベルクロでの固定が一番不安定であるということです。

実際に使ってみて何年も経ちましたが、このベルクロのバンドはきつく締結しても自転車の走る振動でライトが上を向いたり下を向いたり動くことがあります。ライトの重量バランスにもよるのかと思いますができるだけライトの重心をベルクロで締めるようにすればある程度固定は確保できると思います。

逆に重心がずれた状態で固定すると振動ごとにライトが上を向くか下を向くかするのでちょっとウザイと思います。なかなかテクニックの要るツールです。

【追記 2017年10月8日】
その後このバイクライトホルダーに高価なライトを取り付けていて走行中にいつの間にか落下させてライトを紛失してしまいました。

決してバイクライトホルダーが悪いとは言いたいわけではなく、ライトにつけていたストラップをハンドルにでも巻きつけていなかった自分の過失です。高価なライトを無くさないようにちゃんとバックアップとしてストラップをハンドルに巻きつけておきましょう。

スポンサーリンク

このブログをフォローする