サドルにデカくて立派なモンベルのバッグは結構容積がありたくさん入る

この記事は 約2 分で読めます。

モンベルサドルバッグ上から

モンベルの大きいサドルバッグ紹介します。
サドルバッグと一口で言ってもいろいろあって大きいのやら飾りにしかならないような小さいものやら多種多様です。
そこで私の場合、機能性を重視してできるだけ大きいサイズを探しました。

スポンサーリンク

モンベルのサドルバッグ(大)

外観

▼後ろから見た形
サドルバッグ上方からみたところ

▼下から見上げた形
モンベルサドルバッグ下から見たところ

▼内側の様子はこんな感じです。白い樹脂の補強板が縦方向に一体で入っています。
サドルバッグの内側の様子


▼チャックの両端にベロがついていてそこを掴んで開けたり閉めたりをすればストレスなく開閉できます。逆にそのベロを持たずに片手だけで開け閉めをしようとするとちょっとやりにくいです。
またバッグの口は大きく開けようとするとやや抵抗があり、だらしなく開くことがないので中のモノがこぼれ落ちる心配は少ないです。しかもサドルにつけると口がやや上を向くのでさらに中身が出てしまわない安心感があります。
サドルバッグの口をあけたところ

▼サドルポストに固定するベルトには面ファスナーが付いています。
サドルバッグのシートポストへの取り付けベルト

▼サイドにもベルトとバックルが両サイドに2箇所付いていてサドルのレールにぶら下げるように取り付けます。
サドルバッグのサドルへの取り付けベルト

▼後ろのMontbellのロゴの下にはテールライト取り付け用のステーが縫い付けてあります。
モンベルサドルバッグロゴ付近

▼中身はこれだけ入れてます。軍手、ポケットティッシュ、ハンドツール、スペアチューブ、六角レンチ、パンク修理セットなど・・・
実際はこれよりもっと入ります。

中にはこれぐらいは軽く入ります

遠出するときはこれに輪行用エンド金具と車輪の軸も入れてます。これらを入れるとちょっと膨れ気味になりますが、生地が頑丈に出来ているのと縫製もしっかりしているので綻(ほころ)びたり破れたりすることはなさそうです。

次は取り付けた状態

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自転車用品ハード系
スポンサーリンク
スポンサーリンク
チャリパカ(semiboze(半禿)のブログ)